2007年03月11日

フィル・コリンズ シリアス・ヒッツ・ライブ

-  Phil Collins  Serious Hits...Live! -    1990/11/6

Serious Hits Live
Phil Collins
Unknown Label

このアイテムの詳細を見る


 1970年にプログレッシブ・ロック・バンド、ジェネシス(Genesis)にドラマーとして参加、リーダー的存在だったピーター・ガブリエル脱退後は、1996年に脱退するまでヴォーカリストも務めたフィル・コリンズ。

 80年代のサーファーにとっては、かなり重要なミュージシャンの一人ですひらめき

 1990年のワールドツアー、そのベルリン公演を収録したこのライブ・アルバム。
当時、フィル・コリンズのベスト盤は発表されていませんでしたから、このアルバムをベスト盤代わりに購入した人は多かったはず。(僕もそうでした)

1. Something Happened on the Way to Heaven
 (ウェイ・トゥ・ヘブン 1989.11 アメリカ1位・イギリス1位)
2. Against All Odds (Take a Look at Me Now)
 (見つめて欲しい 1984.3 アメリカ1位・イギリス2位)
3. Who Said I Would
 (フー・ゼット・アイ・ドゥ 1985.2 シングルカットなし)
4. One More Night
 (ワン・モア・ナイト 1985.4 アメリカ1位・イギリス2位)
5. Don't Lose My Number
 (ドント・ルーズ・マイ・ルーザー 1985.7 アメリカ3位)
6. Do You Remember?
 (ドゥー・ユー・リメンバー 1990.4 アメリカ4位)
7. Another Day in Paradise
 (アナザー・デイ・イン・パラダイス 1989.10 アメリカ1位・イギリス4位)
8. Separate Lives
 (セパレート・ライヴス 1985.11 アメリカ1位・イギリス4位)
9. In the Air Tonight
 (夜の囁き 1981.2 アメリカ19位・イギリス2位 ソロデビュー作)
10. You Can't Hurry Love
 (恋はあせらず 1982.11 アメリカ1位・イギリス10位)
11. Two Hearts
 (ツー・ハーツ 1988.11 アメリカ1位・イギリス6位)
12. Sussudio
 (ススーディオ 1985.1 アメリカ1位・イギリス12位)
13. Groovy Kind of Love
 (恋はご機嫌 1988.8 アメリカ1位・イギリス1位)
14. Easy Lover
 (イージー・ラヴァー 1984.10 アメリカ2位・イギリス1位)
15. Take Me Home
 (テイク・ミー・ホーム 1985.7 アメリカ7位・イギリス19位)


 そんなフィル・コリンズ、最近の話題といえば、ディズニー映画『ターザン』(1999年)の音楽を担当。
主題歌「You'll Be in My Heart」は、米アカデミー主題歌賞を受賞したくらいで、ちょっと鳴りを潜めてますねバッド(下向き矢印)

このアルバムの収録されたベルリン公演、2時間45分の公演をそっくり収めたDVDもあります。
物足りない方はこちらをご覧くださいexclamation×2
シリアス・ヒッツ…ライヴ!

ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る




posted by ひさぴ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(1) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

DREAMS COME TRUE 大阪LOVER

 土日、やっとこさ久しぶりに波乗りに行ってきたexclamation×2
波はちょっと悪かったけど、それでも暖かい晴れぽかぽかの天気と水温で、それだけで楽しかったっす手(チョキ)
波乗りしているとこ、久しぶりに友人がカメラしてくれたのもうれしかったっす。
右斜め下


- DREAMS COME TRUE  大阪LOVER -    2007/3/7

大阪LOVER
DREAMS COME TRUE
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」タイアップソング。
遠距離恋愛をする女の子を描いた、ドリカム的アホカワいくて、ちょい切なラブソング。
痛快なメロディと吉田美和が歌う大阪弁に誰もが共感するポップでリアルなナンバー。

ユニバーサルJ

このアイテムの詳細を見る


 今日ラジオで初めて聴いて、そして家に帰ってTVを見ていたら、「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」に出演ひらめき
そこでじっくり聴いたexclamation×2

 「そんな気持ちの時は、そんな言い方せえへんねんあせあせ(飛び散る汗)
そこもちゃうしがく〜(落胆した顔)
あーちょっとちゃうわ〜ふらふら
って感じの微妙な大阪弁が、変にかわいいから、「しゃーない!許しとくわ!」ってさせてくれる、「ほんわかふわふわ」なラブソングやわ。

 「おいおい、たまにゃ、どっか連れてったれよパンチ」って、ついついツッコンでしまうのは俺だけか?

 「おー、大阪のおばちゃんになりたいんかいexclamation×2いつでもおいでやーexclamation×2まじ大歓迎したんで〜わーい(嬉しい顔)

 吉田美和さんって、FM802が開局した頃(1989年)、月曜ガンボのDJやってていい味出していたやんね。
まだあんまり売れてなかったけど、俺、大好きだったわ。
彼女、初めてコンサート会場が満員になったのは大阪だったって言ってたのを聴いたことがある。
大阪のことをちゃんと好きで、そやけど大阪に媚びてへんから、彼女らしいよなあひらめき

ちなみに・・・

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™でしか聴けない限定バージョンの
「大阪LOVER〜special edition for USJ〜」が
2007年3月9日よりパークに登場!!

DREAMS COME TRUEのニューシングルCD「大阪LOVER」を各ショップで発売!
先着1,000名様には、パーク限定のオリジナルコラボピンをプレゼント!
パーク内のショップでDREAMS COME TRUEのニューシングルCD「大阪LOVER」をお買い求めいただくと、先着1,000名様に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™×DREAMSCOME TRUEのオリジナルコラボピンをプレゼント。」

だそうですよぴかぴか(新しい)



posted by ひさぴ at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | J-Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

バーニング・スピアー メック・ウィ・ドゥイート

 レゲエを初めて聞き出しのは、約25年前かな?
もちろんボブ・マーレィからなんだけど、そのころ同時に聴いたのが、バーニング・スピアーとブラック・ウフル。
今でもルーツといえば、一番に名前が浮かぶのが、バーニング・スピアーひらめき


- Burning Spear  Mek We Dweet -    1990/6/7

Mek We Dweet
Burning Spear
Spectrum

このアイテムの詳細を見る

 1948年5月1日生まれ(俺とお案じ誕生日なんですひらめき
ボブ・マーレィとマーカス・ガーベイと同じ出身地、ジャマイカ、セント・アン教区のセント・アンズ・ベイで生まれ

 彼は、マーカス・ガーベイの言う、すべてのアフリカ人の子孫のための自己決定と独立独歩の精神の、最も強い提案者の一人として有名。
彼の音楽は「彼のラスタファリ運動のメッセージ」として、俺は正真正銘のルーツ・レゲエだと思っています。

そんな彼も歳を取ったね・・・ボブ・マーレィも生きていたら、こんな感じかな?

 彼、いまでも活動していますexclamation×2
でも、正直、ちょっと怖くて、なるたけ聴かないように避けている自分がいます・・・ふらふら
Man in the Hills/Dry & Heavy 20th Century Masters: Millennium Collection 100th Anniversary: Marcus Garvey + Garvey`s Ghost



posted by ひさぴ at 21:34| Comment(1) | TrackBack(0) | Reggae -Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポリス アウトランドス・ダムール

 昨日、新聞で知ったふらふら遅いよねあせあせ(飛び散る汗)
ポリス再結成!26年ぶり来日も(日刊スポーツ) - goo ニュース
2月14日に流れたニュースなんだがく〜(落胆した顔)
でもうれしいひらめき

 今年はデビューシングル「ロクサーヌ」が発売されて30年目の節目の年exclamation×2
日本に来てくれたら、絶対に行きますダッシュ(走り出すさま)



- Police  Outlandos d'Amour -    1978

アウトランドス・ダムール
ポリス
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る

 1978年にリリースされたポリスのデビューアルバムで、「ロクサーヌ」や「キャント・スタンド・ルージング・ユー」など、バンドの幕開けを飾るに相応しい大ヒットシングルが収録されています。

 ジャズバンドの経験を持つベーシストでボーカリストのスティング、プログレッシブ・ロックの経験を持つドラマー、スチュワート・コープランド、ギターリストのヘンリー・パドゥバーニの3人で結成したんですが、ヘンリーのギターテクに問題があったのか、アンディー・サマーズの参加をきっかけにいろいろあったようで、ヘンリーが脱退しトリオとなりました。
そして、このアルバムでメジャーデビューひらめき

レゲエのエッセンスとロックが融合した名シングル「ロクサーヌ」?
ロックの枠組みの中に、レゲエの要素を加えるいう斬新な音楽性は、ホワイト・レゲエとしばしば呼称される?

そんな風に当時言われていましたが、それはレゲエというものが全然理解されていない頃のおはなしふらふら

そうではなくって、電子音のない、しっかりとしたプリミティブな(原始的な)ロックなアルバムです。

ポリスexclamation スティングexclamation が好きな人は、ベストアルバムもいいけど、このアルバムをたっぷり聞き込んでおいてくださいexclamation×2

ポリス・ザ・クラシックス~見つめていたい/ライヴ・イン・アトランタ<デラックス・サウンド+ヴィジョン> グレイテスト・ヒッツ ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス



posted by ひさぴ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock -Band- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

守護神

 昨日、仕事が早く終わったので、ふらっと映画に。
是非、大きなスクリーンで見ておきたかった「守護神」→公式サイト

 ネタバレにならない程度のストーリーは・・・

 荒れ狂う海に生き、人生の全てを人命救助に捧げた、ひとりの男。
アメリカ沿岸救助隊に所属する救難士(レスキュー・スイマー)、ベン・ランドール(ケビン・コスナー)。
自らの魂をすり減らしながらも、数々の奇跡を起こした彼を、人は《守護神》と呼んだ──。
数々の命を救った伝説的なスイマーだった彼だが、ある任務で相棒を目の前で失い、心に深い傷を負ってしまう。
妻にも別れを告げられ、失意に沈むベン。


そんな重い気持ちの彼は一時現場を離れ、レスキュー隊員を養成する学校・Aスクール(アドバンス・レスキュー・スイマー・スクール)に教官として赴任する事になった。
そしてそこで元高校水泳チャンプの訓練生、ジェイク・フィッシャー(アシュトン・カッチャー)と出会い…。


わずかな可能性を信じて救命に命を賭ける者たちの、真実のドラマがここにある。



 えーと、レスキューって意味では、「海猿(一番最初の映画の)」とはかなり近いけど、でもまたちょっと違う感じ。
うーん、「愛と青春の旅立ち」とか、「トップガン」とかが近いかも、感じが。

海猿 スタンダード・エディション 愛と青春の旅だち トップガン

上映時間139分だけど、ちょっと短すぎて、深く描き足りてない気がした。
観る方で勝手に行間を埋めて行かなくてはならないんです。
そこが物足りなかった部分{/face_cry/}

サーフィンやってて、でかい波に巻かれると、ちょこちょこ酸欠の恐怖は味わえます。
今まで、何度か脳まで酸欠起こしてホワイトアウト(急に視界がほんとに真っ白になるんです)になったことあるし、気を失いかけたことも何度も・・・がく〜(落胆した顔)
だからこういう映画を観ていると、俺、勝手に観客席で疑似酸欠状態になってますあせあせ(飛び散る汗)
今まで一番酸欠になって、真っ青になっていた映画といえば「パーフェクトストーム」でしたたらーっ(汗)
パーフェクトストーム 特別版

守護神では、そこまで酸欠になりませんから、酸素ボンベの携行は必要はなさそうです。
しかし泳ぎに自信がない人は、浮き輪はあったほうがいいかもひらめき

エンディングロールで、本物の救難士たちへのオマージュが流れます。
せっかくだから、ここまでちゃんと観てくださいexclamation×2

so others may live

守護神 (出演 ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー)



このアイテムの詳細を見る



posted by ひさぴ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Original Sound Track & 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

沖縄んそんぐすBEST~スローライフ

 これ、気合い入れて作ったせいか、非常に沖縄モードですわーい(嬉しい顔)
だから、国内外問わず、南の島が好きな人に送るこの一枚ぴかぴか(新しい)


で、またまた「沖縄んそんぐ」でいきます。

- 沖縄んそんぐすBEST~スローライフ -    2005/6/29

沖縄んそんぐすBEST~スローライフ
オムニバス, 加藤登紀子, 喜納昌吉&チャンプルーズ, 森山良子,
TINGARA, パーシャクラブ, 香西かおり
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る

沖縄のタウン誌『カラカラ』のプレゼント企画アルバム。

 1. 涙そうそう(森山良子)
 2. あなたに(加藤登紀子)
 3. てぃんさぐの花(喜納昌吉&チャンプルーズ)
 4. 月ぬ美しゃ(TINGARA)
 5. 童神(古謝美佐子)
 6. 片手に三線を(ディアマンテス)
 7. 豊年音頭(ネーネーズ)
 8. 美ら唄(IN-HI)
 9. 島唄(香西かおり)
 10. 昔美しゃ 今美しゃ(加藤登紀子)
 11. さとうきび畑(森山良子)
 12. ファムレウタ(パーシャクラブ)
 13. さよならナカムラ(ドナ・バーグ)
 14. おばあちゃんの歌(そらfeaturing古謝美佐子)
 15. 安里屋ゆんた(登川誠人)
 16. 花(テレサテン)

 名曲ばかりが1枚で聴けるお得なコンピレーションアルバムです。
それぞれ、いろんなアーティストが唄っている楽曲ですが、僕は「この曲はこの人の唄で聴きたいexclamation×2」って意味でベストな選曲ひらめき

 とにかく、きっとサーファーにしか解らん感覚やねんけど、夏のちょっと湿気の少ない感じの浜で、1ラウンド目が終わって、「疲れたけど楽しかったなあ」って、まったりしている感じにさせてくれるアルバムや晴れ

注意爆弾 ただし波乗り前に聴くべからずexclamation×2
 サーフィン、ゆるゆるになりますがく〜(落胆した顔)




posted by ひさぴ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | J-Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

ビギン シングル大全集

 今朝、友人に波乗り誘ってもらっていたのに、寝坊したおかげでほって行かれました・・・ふらふら
しかも追いかけるには遅すぎて・・・
で暇やから、新しいインターネットサイトを作った。
名付けて、沖縄美ら海水族館の正しい(?)使い方
URLは→http://tyuraumisuizokukan.seesaa.net/
良かったら見てねひらめき
たぶんガイドブックに載っていない(であろう・・・)、ちょっとした"美ら海水族館"のHow Toです。
これまで3回、行ったんで、その時に「へ〜」って思ったことを書いてます。



 で、沖縄といえばBIGINでするんるん

- BIGIN  BEGIN シングル大全集 -    2005/2/23

BEGIN シングル大全集
BEGIN
インペリアルレコード

このアイテムの詳細を見る

2枚組のこのアルバム、2005年3月にデビュー15周年を迎えるBEGINのシングル大全集ですexclamation×2
デビュー曲「恋しくて」(90.3.21発売)から「君を見ている」(04.12.16発売) まで、15年間にリリースされたBEGINのシングル28曲を完全収録ひらめき

 オリジナルアルバム未収録曲も多数収録で、特にすごいのが、沖縄のみでリリースされた「オジー自慢のオリオンビール(エイサー・バージョン)」(03.2.20発売) が入っていますexclamation×2
超お買い得アルバムなんですexclamation×2
これ、ついこないだまで、沖縄の旅ガイドブックでは沖縄土産として大推薦グッズだったんですよぴかぴか(新しい)

 「空に星があるように」(97.9.3発売) 、「涙そうそう」(00.3.21発売) 、島人ぬ宝(02.5.22発売) も当然のように収録されています。
僕が、BIGINで一番大好きな「防波堤で見た景色(99.8.12発売) 」もねわーい(嬉しい顔)

 
posted by ひさぴ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | J-Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

グラミー 予想外の結果でした!

 うち、WOWWOW観れないから授賞式はネットとかニュースで見ただけですもうやだ〜(悲しい顔)
ポリスの久々のパフォーマンスるんるん、見たかったなあふらふら(目覚ましテレビでちょっとだけでは余計に欲求不満になってしまったもうやだ〜(悲しい顔)
しかし、主要4部門の結果は、僕としては予想外の結果でしたあせあせ(飛び散る汗)

Taking the Long Way
Dixie Chicks
Open Wide/Columbia

このアイテムの詳細を見る

右斜め上

 まさかDixie Chicksが、Album of the Year、Record of the Year、Song of the Yearの主要三部門を受賞するとはこれっぽっちも想像しませんでした爆弾
いえいえ、確かにいい曲なんだから実力的にどうかってことでは無いのですが、それぞれ三部門、ライバルがみんな強力ですし、カントリーって不利でしょ、普通ふらふら
Dixie Chicksは、その他にBest Country Vocal Performance by a Duo or Group、Best Country Album、Producer of the Yearも受賞したので、6冠ですぴかぴか(新しい)
ブッシュ批判は「あっぱれ晴れ」あげますexclamation×2exclamation×2

 その他のカテゴリーの受賞は
  
Some Hearts
Carrie Underwood
Best New Artist
Best Country Vocal Performance - Female
Best Country Song

このアイテムの詳細を見る

Best New Artistもカントリーですexclamation&question
「絶対にCorinne Bailey Raeだ!」って思っていたので、ちょっと残念でしたバッド(下向き矢印)

  
Back to Basics
Christina Aguilera
Best Pop Vocal Performance - Female

 詳細を見る

  
Continuum
John Mayer
Best Pop Vocal Performance - Male
Best Pop Vocal Album

 詳細を見る

  
Monkey Business
Black Eyed Peas
Best Pop Vocal Performance by a Duo or Group
 詳細を見る

  
Fingerprints
Peter Frampton
Best Pop Instrumental Album
 詳細を見る

  
Duets: An American Classic
Tony Bennett
Best Pop Collaboration with Vocals
Best Traditional Pop Vocal Album
 詳細を見る

  
FutureSex/LoveSounds
Justin Timberlake
Best Dance Recording
Best Rap/Sung Collaboration
 詳細を見る

  
Confessions on a Dance Floor
Madonna
Best Electronic / Dance Album

 詳細を見る

  
The Breakthrough
Mary J. Blige
Best R&B Vocal Performance - Female
Best R&B Song
Best R&B Album
 詳細を見る

  
Once Again
John Legend
Best R&B Vocal Performance - Male
 詳細を見る

  
B`Day
ビヨンセ, ジェイ・Z
Best Contemporary R&B Album
 詳細を見る

  
Stadium Arcadium
Red Hot Chili Peppers
Best Rock Song
Best Rock Vocal Performance by a Duo or Group
Best Rock Album
 詳細を見る

  
King
T.I.
Best Rap Solo Performance
 詳細を見る

  
Release Therapy
Ludacris
Best Rap Song
Best Rap Album
 詳細を見る

2007 Grammy Nominees
Various Artists
Sony BMG Music Entertainment

このアイテムの詳細を見る

今年のGrammy Nomineesでは、ノミネート曲のうち23曲収録中、10曲が受賞しました。
やっぱりお買い得なコンピレーション・アルバムですねひらめき





posted by ひさぴ at 13:40| Comment(1) | TrackBack(2) | Various Artists | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

ミーシャ アセンション


- MISIA  ASCENSION -    2007/2/7

ASCENSION
MISIA
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

初回限定盤
1. スペシャル・スリーブ。パッケージ仕様
2. ボーナストラック
「SEA OF DREAMS~
  Tokyo DisnneySea 5th Anniversary ThemeSong~」収録
※初回盤がなくなりしだい通常盤に切り替わります。


このアイテムの詳細を見る

01. Color of Life
02. FUTURE FUNK
03. REMEMBER LADY
04. TYO
05. 太陽がくれたプレゼント
06. Stay in my heart
07. 月
08. SHININ'〜虹色のリズム〜
09. 砂の城
10. Angel
11. LUV PARADE
12. We are the music
13. Song for you
14. 星の銀貨
15. SEA OF DREAMS(初回盤ボーナス・トラック)

MISIAの新しいアルバムが出ましたひらめき いいっすよハートたち(複数ハート)

いきなり@Color of Lifeで、グッと掴まれてパンチ、そしてCTYOまででどっぷりMISIAワールドへ、D太陽がくれたプレゼントで、落ち着かせてもらってF月まで聞き惚れていたら、GSHININ'〜虹色のリズム〜から一気に
「もー好きにして〜」ぴかぴか(新しい)って感じです爆弾

 すごくいいです揺れるハート →オフィシャルサイトでちょぼっと視聴できまするんるん


ミーシャって、「つつみ込むように…」「陽のあたる場所」はラジオでは聴いていたけど、デビューアルバムのMother Father Brother Sister〈HYBRID/SUPER AUDIO CD〉は聴かなかったふらふら しかしセカンドのLOVE IS THE MESSAGE〈HYBRID/SUPER AUDIO CD〉を上の娘が買ったのを、盗み聞き・・・あせあせ(飛び散る汗)
うぉーひらめきなんてすばらしい、そしてよく造り込まれたアルバムなんだグッド(上向き矢印)
で、この最高傑作のアルバムのおかげで、MISIA大好きになって今に至る・・・わーい(嬉しい顔)
右斜め上MARVELOUS〈HYBRID/SUPER AUDIO CD〉右斜め上KISS IN THE SKY 完全版 (CCCD)

右斜め上MARS&ROSES (CCCD)右斜め上SINGER FOR SINGER

と、6枚のオリジナル・アルバムから2年の制作期間を経て、このアルバムが7枚目のリリースどんっ(衝撃)
ちょっと、ここ数枚、正直「?」って感じで、車の中で車(RV)よく聴いているのは、MISIA GREATEST HITS〈HYBRID/SUPER AUDIO CD〉なんですが、今度のアルバム、これまでから一皮むけた、そしてもう数段、別次元へ上昇した(ascensionって、上昇; (キリストの)昇天って意味です)MISIAが聴けますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

MISIA 星空のライブ3 ~Music is a joy forever~  LOVE IS THE MESSAGE THE TOUR OF MISIA 1999-2000  MISIA MY MUSIC VIDEO AWARDS


posted by ひさぴ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(2) | J-Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ボビー・コールドウェル グレイテスト・ヒッツ

- Bobby Caldwell's Greatest Hits -    1992

ボビー・コールドウェル・グレイテスト・ヒッツ
ボビー・コールドウェル
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る

"King of A.O.R."ぴかぴか(新しい)のベスト・アルバムCD

ほんとに無難な選曲でGOOD手(チョキ)
大ヒットしたデビュー作C風のシルエット から、90年代初頭、パーラメントのCMで一世を風靡したBStay With Me、GHeart Of Mine、ボブ・マーリーに捧げたFジャマイカ・センチメンタル、ボズ・スキャッグスに曲を提供したGハート・オブ・マイン、幅広くセレクト。
@シェイプ・アイム・イン、Aワン・ラヴはこのアルバムのために作られた曲です。

 サーフィン行くときに車で流れてきたら、古い感じが逆におしゃれに感じるのか、それとも昔のA.O.R.を知らない世代には、ジャジーなソフト&メロウで今っぽくきこえてしまうのか、なぜか若い女の子ほど「これって誰ですか?」って質問されます。

 昔、車の中で一人で聴いていたら、「なんか、今夜は出会いがあるかも揺れるハート」なんて、変にロマンチックになったり、女の子と一緒の時に聴いたら「今夜、なんかあるかも揺れるハート」って変に期待してしまったり・・・失恋
そんな気にさせてくれるボビー・コールドウェルでしたが・・・あせあせ(飛び散る汗)

ボビー・コールドウェル
1951/8/15 N.Y.マンハッタンの生まれ。
両親がブロードウェイでショー・ビジネスに係わっていたからか、音楽に目覚めたのは早かったひらめき
22歳の時にリトル・リチャードのバンドに参加、78年にソロ・デビューです。


イヴニング・スキャンダル(紙ジャケット仕様) ロマンティック・キャット(紙ジャケット仕様) オーガスト・ムーン(紙ジャケット仕様) ソリッド・グラウンド ホエア・イズ・ラヴ ブルー・コンディション カム・レイン・オア・カム・シャイン パーフェクト・アイランド・ナイツ ハート・オブ・マイン Time & Again: The Anthology, Pt. 2






posted by ひさぴ at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。