2007年03月11日

フィル・コリンズ シリアス・ヒッツ・ライブ

-  Phil Collins  Serious Hits...Live! -    1990/11/6

Serious Hits Live
Phil Collins
Unknown Label

このアイテムの詳細を見る


 1970年にプログレッシブ・ロック・バンド、ジェネシス(Genesis)にドラマーとして参加、リーダー的存在だったピーター・ガブリエル脱退後は、1996年に脱退するまでヴォーカリストも務めたフィル・コリンズ。

 80年代のサーファーにとっては、かなり重要なミュージシャンの一人ですひらめき

 1990年のワールドツアー、そのベルリン公演を収録したこのライブ・アルバム。
当時、フィル・コリンズのベスト盤は発表されていませんでしたから、このアルバムをベスト盤代わりに購入した人は多かったはず。(僕もそうでした)

1. Something Happened on the Way to Heaven
 (ウェイ・トゥ・ヘブン 1989.11 アメリカ1位・イギリス1位)
2. Against All Odds (Take a Look at Me Now)
 (見つめて欲しい 1984.3 アメリカ1位・イギリス2位)
3. Who Said I Would
 (フー・ゼット・アイ・ドゥ 1985.2 シングルカットなし)
4. One More Night
 (ワン・モア・ナイト 1985.4 アメリカ1位・イギリス2位)
5. Don't Lose My Number
 (ドント・ルーズ・マイ・ルーザー 1985.7 アメリカ3位)
6. Do You Remember?
 (ドゥー・ユー・リメンバー 1990.4 アメリカ4位)
7. Another Day in Paradise
 (アナザー・デイ・イン・パラダイス 1989.10 アメリカ1位・イギリス4位)
8. Separate Lives
 (セパレート・ライヴス 1985.11 アメリカ1位・イギリス4位)
9. In the Air Tonight
 (夜の囁き 1981.2 アメリカ19位・イギリス2位 ソロデビュー作)
10. You Can't Hurry Love
 (恋はあせらず 1982.11 アメリカ1位・イギリス10位)
11. Two Hearts
 (ツー・ハーツ 1988.11 アメリカ1位・イギリス6位)
12. Sussudio
 (ススーディオ 1985.1 アメリカ1位・イギリス12位)
13. Groovy Kind of Love
 (恋はご機嫌 1988.8 アメリカ1位・イギリス1位)
14. Easy Lover
 (イージー・ラヴァー 1984.10 アメリカ2位・イギリス1位)
15. Take Me Home
 (テイク・ミー・ホーム 1985.7 アメリカ7位・イギリス19位)


 そんなフィル・コリンズ、最近の話題といえば、ディズニー映画『ターザン』(1999年)の音楽を担当。
主題歌「You'll Be in My Heart」は、米アカデミー主題歌賞を受賞したくらいで、ちょっと鳴りを潜めてますねバッド(下向き矢印)

このアルバムの収録されたベルリン公演、2時間45分の公演をそっくり収めたDVDもあります。
物足りない方はこちらをご覧くださいexclamation×2
シリアス・ヒッツ…ライヴ!

ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る




posted by ひさぴ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(1) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ボビー・コールドウェル グレイテスト・ヒッツ

- Bobby Caldwell's Greatest Hits -    1992

ボビー・コールドウェル・グレイテスト・ヒッツ
ボビー・コールドウェル
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る

"King of A.O.R."ぴかぴか(新しい)のベスト・アルバムCD

ほんとに無難な選曲でGOOD手(チョキ)
大ヒットしたデビュー作C風のシルエット から、90年代初頭、パーラメントのCMで一世を風靡したBStay With Me、GHeart Of Mine、ボブ・マーリーに捧げたFジャマイカ・センチメンタル、ボズ・スキャッグスに曲を提供したGハート・オブ・マイン、幅広くセレクト。
@シェイプ・アイム・イン、Aワン・ラヴはこのアルバムのために作られた曲です。

 サーフィン行くときに車で流れてきたら、古い感じが逆におしゃれに感じるのか、それとも昔のA.O.R.を知らない世代には、ジャジーなソフト&メロウで今っぽくきこえてしまうのか、なぜか若い女の子ほど「これって誰ですか?」って質問されます。

 昔、車の中で一人で聴いていたら、「なんか、今夜は出会いがあるかも揺れるハート」なんて、変にロマンチックになったり、女の子と一緒の時に聴いたら「今夜、なんかあるかも揺れるハート」って変に期待してしまったり・・・失恋
そんな気にさせてくれるボビー・コールドウェルでしたが・・・あせあせ(飛び散る汗)

ボビー・コールドウェル
1951/8/15 N.Y.マンハッタンの生まれ。
両親がブロードウェイでショー・ビジネスに係わっていたからか、音楽に目覚めたのは早かったひらめき
22歳の時にリトル・リチャードのバンドに参加、78年にソロ・デビューです。


イヴニング・スキャンダル(紙ジャケット仕様) ロマンティック・キャット(紙ジャケット仕様) オーガスト・ムーン(紙ジャケット仕様) ソリッド・グラウンド ホエア・イズ・ラヴ ブルー・コンディション カム・レイン・オア・カム・シャイン パーフェクト・アイランド・ナイツ ハート・オブ・マイン Time & Again: The Anthology, Pt. 2






posted by ひさぴ at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

アラン・パーソンズ・プロジェクト アンモニア・アベニュー

- The Alan Parsons Project  Ammonia Avenue -    1984/02

Ammonia Avenue
The Alan Parsons Project
Arista

このアイテムの詳細を見る

 ビートルズのレコーディング・スタジオであったEMIアビイ・ロードにおいて、エンジニアとして経歴を積んだアラン・パーソンズ。
後期ビートルズからピンク・フロイドまで、ロック・クラシックと呼ばれる作品を手掛けてきました。

 そんな彼がソングライターのエリック・ウールフソンやオーケストラ・アレンジを担当するアンドリュー・パウエルらと共に75年に結成した英国の気品漂うプログレッシヴなポップ・バンド。

 D「Don't Answer Me」が、テレビのコマーシャル(確かブリジストンだったと思う)で使われたこともあって、日本では大ヒットしたアルバムです。

 オシャレな曲だったので、僕も買ったばかりの車車(セダン)に誰か女の子を乗せて走るときには、マストBGMに使っていました揺れるハート
ほんとはプログレッシブ・ロックって分類になるのですが、あえてAORに分類しました。
AOR好きな人、是非、聴いてみてください手(チョキ)

グループは87年の『Gaudi』を最後に解散、以後アラン・パーソンズは、プロジェクトと同様のスタイルでソロ活動を行っているようです。


posted by ひさぴ at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

エア・サプライ エア・サプライ・ストーリー Vol.1

 高気圧がバシーッて日本中を覆い日本全国波無し状態に陥りましたね・・・バッド(下向き矢印)
今週末は高知県に行こうと思っていたけど暗雲立ちこめるって感じですふらふら
台風さーん台風いらっしゃーい手(パー)

 で夏本番なんで、大昔の僕らが子供の頃、夏のさわやか系定番サウンドとして一世を風靡したバンドを紹介しますリゾート

- Air Supply  The Air Supply Story Vol.1 -    1984/?/?
エア・サプライ・ストーリー Vol.1
〜ロスト・イン・ラブ

エア・サプライ
BMG JAPAN

このアイテムの詳細を見る


 リトル・リバー・バンドと並んでオーストラリア出身で全米チャートの上位に喰い込み続ける実力をもったバンドがエア・サプライ。
1976年に豪州メルボルンで結成された男性ポップ・デュオが原点。
同年レコード・デビュー。79年にアルバム『ロスト・イン・ラブ』がオーストラリアで発売され、このアルバムでアメリカに挑みました。
で彼らを受け入れてくれたのが、当時まだ振興のアリスタ・レコードひらめき
80年1月に発売されたこのアルバムタイトル曲が『ロスト・イン・ラブ』が3月にビルヴォードのアダルト・コンテンポラリーで1位に、そして総合チャートでも5月に3位にexclamation×2(トヨタのアリオンのCMに使われてました)
このアルバムからはその後も2曲がシングル・カットされましたが、やはり大ヒットし彼らの名声を確固たるものとしましたグッド(上向き矢印)

 さわやかな旋律のポップスとハイ・トーン・ヴォイスが特色のエア・サプライ。80年代前半に全盛期を迎え、88年に解散。

 とにかくさわやかでさわやかで、最高のコーラス・ワーク。
Aメロ→Bメロ→Cメロ→サビ→Bメロ→Cメロ→サビ→Cメロ→サビ→サビって展開でしつこいんですが、そのせいで簡単にメロディを脳にすり込むって感じに強制的に覚えさせられてしまうのですが、でもなぜかさわやか。
ほんと不思議な曲なんです。

 しかし、なんと言っても今ビックリするのが、彼らにとってこのアルバムが初CDリリースでしたってことどんっ(衝撃)
このアルバムのライナーノーツには

「この作品はエアサプライ初のコンパクト・ディスクです。と言っても内容は後述するようにこれまでに発表された彼らのLPから構成されているのですでにお馴染みのナンバーも多いことでしょう。CD=コンパクト・ディスクといえば、デジタル・オーディオ、つまりマスター・テープと同じ状態の音楽を楽しむことができるすばらしい機能の音声再生装置です。激しいロックのステージの迫力や、ひとつひとつの音色の良さを味わうクラシック音楽、あるいは高度の演奏テクニックを堪能するジャズやフュージョンといったジャンルの再生にも、もちろんその性能を充分に発揮するでしょう。」

今となっては笑えますわーい(嬉しい顔)
でも当時は「すっげーひらめき」ってなっていたんですね!
鉄腕アトムの世界なみ??

 1. ロスト・イン・ラヴ
 2. オール・アウト・オブ・ラヴ
 3. ときめきの愛を
 4. ジャスト・アナザー・ウーマン
 5. ハビング・ユー・ニア・ミー
 6. アメリカン・ハーツ
 7. チャンセズ
 8. オールド・ハビッツ・ダイ・ハード
 9. 燃えない心
 10. マイ・ベスト・フレンド
 11. スウィート・ドリームス
 12. ギヴ・イット・オール
 13. あなたのいない朝
 14. 僕のメモリアル・ソング
 15. ゴッド・ユア・ラヴ

       





-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-
ファッション、グルメ、ビジネス、インテリア、健康、トラベル...など
男性のライフスタイルに関するありとあらゆるNEWSとINFORMATIONを
毎日お届けする総合情報サイト
「Josep(ジョセップ)」

MEN’S QUALITY PORTAL...Josep

-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-





posted by ひさぴ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

カポノ ヘンリー・カポノ

 僕らが子ども時分、大阪のアメリカ村を闊歩するサーファーに凄く憧れていた頃、音楽では、パブロ・クルーズやイーグルスのウェスト・コースト・ロック、カラパナやセシリオ&カポノのハワイアン・AOR、エア・サプライやリトル・リバー・バンドのオーストラリアン・AORが、サーファー・ミュージックとされていました。
 石川セリ(井上陽水の奥さん&石川ひろみのおねえさん)のムーンライト・サーファーやや欠け月が(サーファーの間だけで)流行ってました。

 大阪では”まっすん”こと増田俊郎さんや、ゴンチチがまだサラリーマンしながらセミプロで演奏活動していた頃かな?

 この頃は「シティ・サーファー」「丘サーファー」って言葉も流行っていて、車のルーフ・キャリアにサーフボードをボルトで固定して、ミナミでナンパしに来てるカッコだけのサーファーも、ほんとうにマジで居ましたがく〜(落胆した顔)

 このJRでサーフボードの持ち込みが許可されるようになって、すぐに私鉄も同調してくれたので、車の無い高校生が、ドッと海に押し寄せました電車
僕もそのお陰でサーフィン・デビュー出来たクチです手(チョキ)

 その頃に発売された清涼飲料水「コナ・ウィンズ」
「ハワイアン・スタイル・ドリンク」リゾートってのがキャッチフレーズのはずでした。
確かすぐに消滅したし、味もラベルもボトルもなんにも覚えていないのですが、この「コナ・ウィンズ」のテレビCMがムチャクチャかっこ良かったぴかぴか(新しい)
ハワイの海でで、夕焼けの中、サーフィンをしているシーン、そして「サーファーに恋揺れるハートをしたら 波が彼女のライバルになる・・・」のキャッチフレーズexclamation×2
『あまぁぁぁぁぁいexclamation×2ハートたち(複数ハート)

そしてそのCMのBGMが、ヘンリー・カポノの「Kona Winds」

♪Kona Winds・・・Kamakani pumehana♪

(僕は「こぉなーうぃぃーん かまかみぽめなはぁぁぁぁ」って唄っていましたが、今見たらどうも間違っていたようですねふらふら
Kamakaniってハワイ語で「心地よい」、pumehanaってハワイ語で「心温まる」らしいです。

 と言うわけで、この曲は、もともとヘンリー・カポノの2枚目のソロアルバムに収録されていたのですが、今日、紹介するのは、2003年に日本向けに「ライト&メロー」をテーマに発売された

- Henry Kapono  KAPONO HAWAII -    2003/6/18

KAPONO
ヘンリー・カポノ
アップフロントワークス(ハチャマ)

このアイテムの詳細を見る


 アルバム紹介文の
『70年代にサーフ・ロック・ミュージシャンとしてデビュー、80年代にはトロピカル・サウンドの担い手としてハワイアン・ミュージックをリードしたカポノ再登場。都会的なセンスにあふれたオリジナル・ナンバー満載の“ライト&メロウ”なベスト・アルバムにじっくり浸りたい。』
 のとおりの本当に爽やかなアルバムで、このジトジトした梅雨空雨を、思いっきり吹き飛ばしてくれるから、ぜひ、聴いてみてください!




posted by ひさぴ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

カラパナ メニー・クラシック・モーメンツ

 昨日と一昨日は豊橋〜伊良湖で波乗り
エンプティな雰囲気バリバリバッド(下向き矢印)の天気図だったけど、おかげさまで楽しくちゃっかりサーフィンできた!手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)
どんな感じだったかは、4月29日(土)と、4月30日(日)に書いてますので、良かったら見てね〜ぴかぴか(新しい)

 「Many Classic Moments」って大昔のサーフィンの映画があります。
メニイ・クラシック・モーメンツ

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
何気に今日、久しぶりにじっくり見ました。
むかーし昔、高一の時に、たまたま電気屋さんでこのビデオが流れていて、最後まで見切ってしまった。
それが僕が波乗りを始めた幾つかのきっかけの一つですどんっ(衝撃)

 映画は最初、ワケのわかんないアニメで始まります。
タイトルは「SURF WARS」ふらふら
ばっかみたーい(笑)しかもこれが9分30秒あります。
まあ、お気楽に怒らずに見守ってやってくださいなハートたち(複数ハート)

a moment will come when you must breathe life as deeply as you can
a moment when you must push life to its very limits and beyond...

深い・・・渋い・・・厳しい・・・

 バテンス・バード・カラヒオカウニの小気味よいライディングが中心の オープニング
 サーフィンの歴史に触れる感じで、マリブのロング・ボード・カルチャー。
ミッキー・ドラがわがまま(笑)にサーフィン楽しんでます。
そして現代(当時)のホット・ドッグ・サーフィンへ場面が変わっていきます。
6'6"くらいのスティンガーのシングルフィン。
チューブではチーターファイブを使って加速。
驚きはバテンスが平気で360°なんかをやっていることむかっ(怒り)

 そして場面が変わって、オーストラリアのキラ。
マーク・リチャーズもさらっと出てきます。
このバックでかかるのが、『ワイキキの熱い砂』

 ハワイに戻って、マイク。キャンベルやラリー・バートルマンのサンセット、マイケル・ホーのパイプ、そしてバテンスのローラー・コースターとカットバックを途中でスイッチスタンスする、とんでも無い爆弾テクニック!

 昔のサーフィン映画ではなぜかスキーのシーンが必ず挿入されるのですが、ここでは『F ナチュラリー』がBGMで使われています。
それとこれも当時のサーフィン映画お約束の痛過ぎるワイプアウト・シーンの大連発がく〜(落胆した顔)
まるでプロ野球ニュースの好プレイ珍プレイみたい

 夏のサウスの波乗りシーンの所と、折れた板を使って、今で言う「スキムボード」をして遊んでいるシーンでは『E サニー・ディ』。
ショーン・トムソンをたっぷり見せてくれるところでは、『H キャン・ユー・シー・ヒム』
マウイ島のホノルア・ベイのシーンでは『A 鮮烈のチューブ・ライディング』
 そして、ディーン・ケアロハとバジー・カーボックスのジェフリーズ・ベイの場面では、『MANA』と夕陽を透かしてのサーフィンシーンで『B ダウン・バイ・ザ・シー』が効果的に使われていまするんるん

場面変わってまたまたノース・ショア。
パイプでジェリー・ロペスに対して前乗りした奴がヒドい目に遭うシーンが強烈パンチ→ショーン・トムソンの超COOLなバックドア、ジェームス・ジョーンズの30フィートのワイメア・・・『C ザ・ウォーター・ソング』『D アップタウン・カントリー』

そしてラストのシーンからエンド・ロールまで、サーフィン・ミュージックでは至高の名曲るんるん『@ メニイ・クラシック・モーメンツ』

1時間26分の映画の最後に「Keep Surfing」で締めくくり。映画
いいっすよー揺れるハート

- Kalapana Many Classic Momets -    1978
メニー・クラシック・モーメンツメニー・クラシック・モーメンツ
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] メニー・クラシック・モーメンツ
[アーティスト] カラパナ
[レーベル] ビクターエンタテインメント

>>Seesaa ショッピングで買う


posted by ひさぴ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。