2008年01月05日

P.J

 もう波も無いし、酔っぱらいながら夜更かししてテレビのチャンネルをカチャカチャ回していたら(←今時はリモコンだからカチャカチャとは鳴らないし、回さずに押すんだけど・・・)、たまたま大昔の映画「台風クラブ」ってのが始まるとこだったので、そのまま最後まで観てしまった。

台風クラブ

パイオニアLDC

このアイテムの詳細を見る


『セーラー服と機関銃』の相米慎二が1984年に監督を務めた青春映画。精神的にも肉体的にも最も感情が激しい中学3年生という年頃。東京近郊の中学校に通う生徒たちは、一見平凡にふるまいながらも、実は終始やり場のなさを終始感じている。そんな折り、台風が接近し、学校に籠もった少年少女たちは、そこでカーニバルを始めていくのだが…。

 昔に一回観たことがあった。
工藤夕貴も大西結花も、この映画以降にブレイクしたんだそうだ。
昔観たときには、「わけわからんへん」って思ったけど、今回はなぜか共鳴した。
俺、もしかして「こどもがえり」しているんだろうか・・・ふらふら

 この映画の挿入歌には、「バービーボーイズ」と「P.J」が2曲ずつ使われていました。

「P.J」て知ってますか?

1969年3月19日東京生まれ。本名はDONALD PRICE Jr.。
お父さんはN.Y出身の黒人、お母さんは吉祥寺出身の日本人。
アメリカンスクールに通っていた頃に、初めてレゲエに出逢い、'84年にCBSソニーよりP.J&Cool Runnings、アルバム「RISING UP」でデビュー(当時14歳)
翌年ジャパスプ出演、その後P.J BAND結成。
レコーディングやライブではスライ&ロビーをはじめ、ジミークリフ、シャバ・ランクス、クリーヴィー・ブラウン、ダニー・ブラウニー、ASWADなどと共演。
91年にはジャマイカにて初のシングル「LOVE ALL THE HURT AWAY」を リリース、レゲエ最大のイベントであるジャマイカのレゲエサンスプラッシュに日本代表として初出演を果たしています。

 ちょうどこの映画の頃にはデビューしたてだったんですね。
俺にとっては、後にも先にも、ジャパレゲの中では、この人が1ですぴかぴか(新しい)
残念ながら、今はすべてのアルバムが廃盤で新品では手には入りませんけどたらーっ(汗)

 今でも自分が持っている彼のアルバムは2枚です。


 「ACTION!」 1992/7/22発売
帯には「実に2年ぶりのオリジナルフルアルバムついに完成。ラヴ・ダンス・メッセージをテーマに、ますますタフに、ダンサブルに、そしてポップにくりひろげる SOUND OF 90's!!レゲエ界の人気者ドラミー・セブ(アスワド)のミックス6曲を含む あっという間の66分。」って書いてあります。

収録曲は
@Wake Up AOneness BLive In Your Heart CAction! DMake A Move EI Wanna Be True FNew Freedom GKimochi Eazy HFriend IReach Out For Me JReach Out For Dub KAction! Dub LNew Mix For Freedom

 8曲目のKimochi Eazyが一番好きな曲、もしかしたら日本語の唄で今までで一番好きかも、日本語がレゲエのビートにのるんだって思ったのはこの曲が初めてだった。


 I Miss You 1993/12/1発売
 
帯には「待ちこがれていたP.Jにやっと会える!!とぎすまされたリズムと心からのラヴメッセージ。レゲエ、ソウル、ロック、あらゆるブラックミュージックをのみこむP.Jのグルーヴ・ワールドが、あなたをクールに燃やす。」って書いてあります。

収録曲は
@Up Side Down AI Miss You BGroove To The Music CMy Sweet Angel DThrough The Relation EHappening City

 俺の車ではいろんな音楽を掛けているけど、世代を問わず、「これだれ?」ってみんなが食らい付くのは、このP.Jがダントツに一番多いですね。
時代、年代関係なく「かっこいい」からひらめき

 たぶん、他に2〜3枚のアルバムは発売されていたと思う。
中古CD屋さんではいつも気にして探しているんですが、未だに手に入らず。
誰か持っていたら、焼いて欲しいもうやだ〜(悲しい顔)

 P.Jは今は、他のアーティストのユニットに参加したり、アルバムのプロデュースをしたりなど、仙台の方で活動しているみたいです。

Di VIBES~Japanese Reggae Selection 2007THE LOVE SONG COLLECTION 2006-2007 SWEET VIBRATION~Reggae Lovers~


posted by ひさぴ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

アスワド ベスト!!

以前に、デビューアルバムを紹介したアスワド→ここです
今日は、彼らのベストアルバムですCD

- Aswad  Crucial Tracks: The Best of Aswad -    1989/6/7    

ベスト!!
アスワド
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る


 76年にグループ名を冠したアルバムでデビューし、80年代中頃まではレイドバックしたルーツ/ダブ・ナンバーを披露してました。


    

 本格的にブレイクを果たすのは、アイランドでカリブ、アフロ、民族系の音を専門に扱うレーベルとして装いも新たにした「マンゴー」から88年に発表した『DISTANT THUNDER』からひらめき


 89年発売のこのベスト・アルバムは、選曲がホントにCoolですわーい(嬉しい顔)

1. ドント・ターン・アラウンド
2. 54−46
3. セット・ゼム・フリー
4. ルーツ・ロッキン(ライヴ)
5. ニード・ユア・ラヴ
6. ギミー・ザ・ダブ(ヒップ・ホップ・ミックス)
7. ダブ・ファイア(インストゥルメンタル)
8. フックド・オン・ユー
9. ビューティーズ・オンリー・スキン・ディープ
10. チェイシング・フォー・ザ・ブリーズ
11. アフリカン・チルドレン(ライヴ)
12. バック・トゥ・アフリカ
13. ウォーリアー・チャージ(インストゥルメンタル)
14. ギヴ・ア・リトル・ラヴ
15. ウーマン(ボーナス・トラック)
16. クール・ノー(ボーナス・トラック)

PICT2426.JPG PICT2425.JPG
右斜め上
 このTシャツは、1993年のレゲエ・サン・スプラッシュのものです。
僕は、大阪府池田市の猪名川運動公園に観に行きました。
たしか、猪名川の前の万博公園お祭り広場の頃から、サンスプラッシュのおおとりはアスワドでしたexclamation×2
太陽晴れも沈んで、真夏の熱気も少し落ち着いた頃、照明に灯が入って、会場が一気に燃え上がりましたかわいい
でも、この数年後には「ビッグ・マウンテン」に取って代わられたような記憶があります。(すこしボケた記憶ですが・・・ふらふら



posted by ひさぴ at 22:18| Comment(1) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

アスワド アスワド

 今朝、サーフィンに行くはずだったのに、車が故障していて断念・・・がく〜(落胆した顔)
今年はほんとに台風に縁のない年です・・・超かなすい・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 そんなんで、急に一日が暇になっちゃったので、ひさしぶりのブログ更新となります手(パー)

- ASWAD  ASWAD -    1976

Aswad
Aswad
Mango

このアイテムの詳細を見る


 ブリティッシュ・レゲエの始祖、アスワドのレビューアルバムです。
アスワドとは、アラビア語で「黒」のこと。
アスワドは、ロンドン中から集まった数千人の暴徒により5人の黒人が殺害されたたいへんな規模の人種暴動の歴史を持つ街「ノッティングヒル」で育った移民二世のバンドです。
後々、ヒップ・ホップ色の濃いサウンドと変わっていくのですが、デビュー当時のアルバムを聴いていると、ジャマイカ本国よりハード・コアで、非常に人種間の緊張感の高くルーツ色の強い彼らの音楽の背景はそこにあるのかなって思います。
音だけ聴いていたら、とても20歳そこそこの若者が創ったサウンドだとはとうてい思えません。

 結成当時のオリジナルメンバーは、ブリンズレー・フォード(Vo,Gu)、ジョージ・オバーン(Ba)、ドラミー(アンガス)・ゼブ(Vo,Dr)、ドナルド・グリフィス(Gu)、コートニー・ヘミングス(Key)。
このメンバーで、アイランド・レコードと契約、バーニング・スピアーのライブをサポートしたのもこの面子です。
しかし次のアルバムを制作する頃には、コートニー・ヘミングスは脱退します。

 ブリティッシュ・レゲエを代表するアスワドのルーツに是非、触れてみてくださいひらめき
人気ブログランキング参加してます。
クリックで励ましてください!
ふらふら






posted by ひさぴ at 18:34| Comment(1) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

マキシ・プリースト ベスト・オブ・ミー

 一気に夏晴れになってしまったので、もうとってもレゲエチックなわたしですリゾート
ちゅうことで今日も昔のご機嫌なレゲエ・アルバムを一枚CD
夏もまだ入り口だし、軽ーいラバーズ系のレゲエです。揺れるハート

- Maxi Priest  The Best of Me -    1991/11/12

The Best of Me
Maxi Priest
Virgin

このアイテムの詳細を見る


 1961年6月10日イギリス・ロンドン・ルイシャム生まれで、本名はマックス・エリオット。
ジャマイカ系移民の9人兄弟の一人として育ち、はやくからサウンド・システムやクラブでDJを始めました。
1984年、歌手としてインディーズでデビュー。この「ヘイ・リトル・ガール」がジャマイカでヒットし、1985年ヴァージン・レコードの傘下レーベル、「10」と契約しメジャーデビュー。
90年発表の『ボナフェイド』に収録された「クローズ・トゥ・ユー」が大ブレイク、“ソフィスティケイテッド・レゲエ”“ラヴァーズ・レゲエ”の旗手として人気を確立しました。
TVドラマ『踊る大捜査線』の主題歌「Love Somebody」で織田祐二と共演したこともあるよ。

 収録曲は
 1. Wild World      3rd「マキシ」から
 2. In the Springtime   1st「ユー・アー・セルフ」から
 3. Should I       1stから
 4. Close to You     4th「ボナファイド」から
 5. How Can We Ease the Pain?   3rdから  
 6. Let Me Know      2nd「インテンションズ」から
 7. Housecall       アルバム未収録
 8. Just a Little Bit Longer     4thから
 9. Caution        1stから
 10. Some Guys Have All the Luck  3rdから
 11. I Know Love      アルバム未収録(クロス・トゥ・ユーのシングルB面)
 12. Strollin' On     2ndから
 13. Best of Me      4thから
 14. Crazy Love      2ndから
 15. Woman in You     2ndから
 16. Peace Throughout the World   4thから

banner_02.gifbanner_02.gif
    左斜め上
人気ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックお願いします。



  



★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
輸入水着専門店「ビキニ天国」

「Teensy Weensy」のビキニセール 7月28日〜8月3日
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

アメリカのスタイリッシュでセクシーなブランド「Teensy Weensy」の
2006年最新水着のお試しセールを開催!
明るい太陽の光が似合いそうなプリント柄や大人の女性にぴったりな
無地ビキニなどスタイル豊富なラインナップです!

●セール期間:7月28日(金)〜8月3日(木)
●セール内容:対象商品はWEBにてご確認ください。

レディースを中心に、メンズ、キッズ水着のほか、

・ビーチのマストアイテム、リゾートドレス
・ヨガ、フィットネスウェア
・水着によく合うアンクレットやネックレスなどのアクセサリー

 なども取り扱っております。

真夏のファッションは「ビキニ天国」まで。

▼ショップはここをクリック→
「ビキニ天国」


posted by ひさぴ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ジャネット・ケイ ラヴィン・ユー

 今日は九州と四国が梅雨小雨明けです手(パー)
さー夏でっせexclamation×2

 夏といえばレゲエって在り来たりなことは言いたくないけど、チューブの曲を紹介するくらいなら、やっぱレゲエがいいです。
で、ラバーズ・レゲエっすハートたち(複数ハート)

ラバーズ・レゲエっすハートたち(複数ハート)って言えば、ジャネット・ケイから紹介しなくてはなりませんひらめき

- Janet Kay  LOVIN’YOU〜BEST -    1991/6/21

LOVIN’YOU〜BEST
ジャネット・ケイ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


 1958年英国ロンドン生まれのジャネット・ケイ。
70年代後半からプロ歌手として活動を始め、79年英国内で「シリー・ゲーム」が初ヒットを記録しましたがレコード会社のバック・アップを受けられず、90年代を迎えるまで不遇の活動をしいられました。
しかしむかっ(怒り)91年にミニー・リパートンの「ラヴィン・ユー」のリメイクをレゲエ・ヴァージョンで歌って大ブレイク爆弾
ソフトで優しい代表的なラヴァーズ・シンガーとして人気を得ました。
小鳥のさえずりがバックで流れるPラヴィン・ユーはぜったい誰でも一度は聴いたことがあるというか、それ以上、絶対に口ずさんだことがある曲でしょexclamation×2

 このアルバムは日本特別企画のベスト盤で、ジョン・レノンのMイマジンなど、ルーサーヴァンドロス、ジョーサンプル、エムトゥーメ、ロジャートラウトマント、ランディークロフォード、クリスクリストファーソンのリメイク・カヴァーを収録してます。

     黒ハートSo sweet!黒ハート

banner_02.gifbanner_02.gif
    左斜め上
サーフィンに関する
いろんなブログはここをクリック


。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。:*.☆。:*.☆。o:☆'


トレンドを求める女性に大人気のオンラインショップ
『いい女』アイテムは【Opie】にお任せ!
 
楽天ランキング1位獲得!人気バッグを販売!

。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。o:☆';*。:*.☆。:*.☆。:*.☆。o:☆'
posted by ひさぴ at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

UB40 レイバー・オブ・ラブU

 イギリスの失業手当の申請用紙が、UB40 = Unemployment Benefits, Form 40で、サッチャー首相の時代には失業者のことを俗にUB40'sと呼ばれていました。
 イギリスを代表する工業都市で、様々な人種が暮らしていることでも知られるバーミンガムの労働者階級の出身の彼らの最初のアルバムでは、この失業手当申請用紙をジャケットに採用し、バンド名をUB40としました。
イギリスの若者にとって、この申請用紙を提出すること、すなわち人生を自分で切り開くことを諦め、政府の世話になることを意味するこの申請用紙。
その効果もあってか、UB40の音楽はあてのない未来に不満を抱えた若者や、2トーン・スカのフォロワーたちの注目を一気に集めることとなり、雇用問題を扱ったプロテスト・ソングなどをリリースしたりしていました。

 彼らの初のチャートNo.1をゲットは83年に発表した「Red Red Wine」
その曲の収められていた「Labour of Love」。
そのアルバムから6年後にリリースされたカヴァー・アルバム第二弾が、このアルバムです。

- UB40  Labour of Love U -    1989/12/12

Labour of Love II
UB40
Virgin

このアイテムの詳細を見る


 このアルバムも、オールディーズ・バット・グッティーズな選曲で、ラブ&ユニティに仕上がっています黒ハート
 このアルバムからはチャート・ベスト10には、C“The Way You Do Things You Do”と@“Here I Am(Come And Take Me)”が出ています。

 このアルバム自体、イギリスで3位、アメリカでは30位と、レゲエ・アルバムとしては世界的な大ヒットアルバムです。
(ちなみにUB40として一番成功したアルバムは1993年に発売されたPromises and Liesで、全英1位、全米6位でした。)




 
posted by ひさぴ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(1) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

ビッグ・マウンテン ユニティ

 夏になったら皆さんはどんな音楽が聴きたくなります?
7月になって、まさに初日の7月1日、高知県西部で波乗りしましたが、天気予報大ハズレの晴れで、今シーズン初のトランクスいっちょサーフィンしましたわーい(嬉しい顔)

 やっぱ気持ち良いよねぇぴかぴか(新しい)
サーフィンは裸が基本やんね揺れるハート 

 で、なぜか僕が夏を実感したときに、頭の中でファンファンファーレるんるんのように流れ出すのがビッグ・マウンテンなんですexclamation×2
なんでやろう・・・

 このアルバムが発売されたのが1994年。
1994年といえば、そういえば、今の波乗り仲間が、初めて集まった年だわってことに、今、この記事を書きながら思いだした。
(その時の話しはここに書いてます。)
そのせいなのかなあ。
海行くときには、いつも車車(RV)の中でかかっていたかもわーい(嬉しい顔)

- Big Mountain  UNITY -    1994/07/23

ユニティ
ビッグ・マウンテン
BMG JAPAN

このアイテムの詳細を見る


 スコティッシュ=アイリッシュの父とメキシカンの母の間で生まれたQUINO(キーノ)。
ヒスパニック系の文化で育ってきたが13歳にレゲエに魅せられて、そのキノの為に、7歳の頃の実父の死の後、母と再婚したアフリカン・アメリカンの父がボブ・マーリーのアルバムを買ってくれた。
これがビッグ・マウンテン誕生のきっかけってのは有名な話し(俺だけ?)

 で、このアルバム、ビッグ・マウンテンのデビューアルバム的に扱われているけど、正確には「メジャー・レーベル移籍第1弾」。
マイナーレーベルで初アルバムはリリース済み、もちろん売れてませんもうやだ〜(悲しい顔)

 で、Fベイビー,アイ・ラヴ・ユア・ウェイ(ピーター・フランプトン'76のカヴァー)が映画リアリティ・バイツのサウンドトラックに収録されたことからブレイク爆弾
  


 このアルバム、売れなかったファースト・アルバムのようなスカやファンク系は抑え気味で、どちらかというとフォーク系の不思議なレゲエ・アルバムに仕上がっているひらめき

 俺の一番好きなGヤング・レヴォリューショナリーズは、R&B、次に好きなJビッグ・マウンテンは、ナバホ族の語りで始まって、風と水と火とを象徴する音が織り込まれ、聖山ビッグ・マウンテンを唄ったフォークです。

 Kベイビー,テ・キエロ・アティとLウン・センスアル・アモールは、ベイビー,アイ・ラヴ・ユア・ウェイとスウィート・センシュアル・ラヴをスパニッシュ・ヴァージョンで唄われたもの。
スペイン語とレゲエがこんな風にマッチするのは、当時新鮮に感じた!




マリンコラーゲン10000mg!「フラコラ500」

協和のビューティ&ヘルス商品

健康的で美しいボディづくりに!「寒天+プエラリア」


 


posted by ひさぴ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(2) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

スティール・パルス ヴィクティムス

- Steel Pulse  Victims -    1991/06/11

 土曜日の伊勢へのサーフィンの車内で、久しぶりに聴いたスティール・パルスるんるん

Victims
Steel Pulse
Spectrum

このアイテムの詳細を見る


 1975年英国バーミンガムで結成されたレゲエ・バンド。
70年代後半から80年代初めにかけてUKレゲエの先駆者的存在として活躍。
UKレゲエ・シーンの立役者として大きな役割を担いました。
いまも若手レゲエ・ミュージシャンからリスペクトされるグループ。

 メロディアスなレゲエで、特に僕は、ACan't Get You (Out of My System)、JWe Can Do Itのような、スティール・パルスのヴォーカルのコーラスワークの巧みさと抜群のハーモニーが好きです。




posted by ひさぴ at 13:08| Comment(1) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

UB40 レイバー・オブ・ラブ

- UB40 Labour of Love -    1983/09

 イギリスの失業者給付金制度の名称からバンド名を頂戴したというUB40。

 彼らUKレゲエって、ちょっとジャマイカン・レゲエとは雰囲気を異にする。
その背景にちょっと触れておきます。

 1940年代に積極的にカリブ海からたくさんの移民を受け入れたイギリス。
その子供に当たる世代が70年代中盤ごろに始めたのが、ルーツ・レゲエ然としたバンド。
そして、70年代後半から80年代初頭あたりに「UKダブ」といわれる独自のスタイル創っていくようになった。
UKって、ジャマイカに比べて気候も厳しく、経済的に貧しいし、気候や食べ物も違う。
それだからジャマイカとは違うレゲエが育っていったのだと思う。
そういう硬質なUKレゲエの中でも、UB40は政治的な厳しいリリックもあるのだけど、遜軟に幅広い音楽性を発揮しているためか、なんとなく優しさが漂うバンド。

Labour of Love
UB40
Virgin

このアイテムの詳細を見る
   このアルバムはすべてカヴァー曲。
1969年〜72年までの、メンバーが少年時代を過ごした頃の大好きだったレゲエナンバーを取り上げたもの。

1.Cherry Oh Baby       トニー・ドナルドソン '71
2.Keep On Moving       ボブ・マーレィ
3.Please Don't Make Me Cry  ウィンストン・グルヴィー
4.Sweet Sensation       メロディアンズ
5.Johnny Too Bad       スリッカーズ
6.Red, Red Wine        ニール・ダイアモンド
7.Guilty           タイガー
8.She Caught The Train    レイ・マーテル
9.Version Girl        ボーイ・フライディ
10.Many Rivers to Cross    ジミー・クリフ

 レッド・レッド・ワイン、もともとイギリスでは発売の年に1ぴかぴか(新しい)に輝いたのだけど、全米では最高34位。
ところが、なぜか4年後に再びチャートインしてアメリカでも見事1を獲得した珍しい曲。
急にリバイバルしたのは、あるラジオ局のDJが番組の中でこの曲をかけまくったのがキッカケだったというたわいも無い理由。 わーい(嬉しい顔)

 ゆったりと揺れることが出来るアルバム。
もう絶対に騙されたと思って、じっくり聴いてみてください。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

posted by ひさぴ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

P.J. Action!

- P.J. Action! -    1992

 紹介11枚目にして、もう3枚目の廃盤ですもうやだ〜(悲しい顔)

しかもジャケ写も見つからない・・・。

PJ.gif◆◆P.J.の待望の2ndが,ソニーのBrand#newレーベル{キューン・ソニー}から出た。Bリヴ・イン・ユア・ハート、Cアクション!、Dメイク・ア・ムーヴ、Iリーチ・アウト・フォー・ミー、Jリーチ・アウト・フォー・ダブ、Kアクション!ダブは,アスワドのドラミー・ゼブがミックスを担当。日本語歌詞も無理なくはまり,Tokyoの体温を感じるレゲエに仕上がっている。タイトルCアクション!はブレイク必至。◆◆  
 
【帯】実に2年ぶりのオリジナルフルアルバムついに完成。
 ラヴ・ダンス・メッセージをテーマに、ますますタフに、ダンサブルに、そしてポップにくりひろげる SOUND OF 90's!!
 レゲエ界の人気者ドラミー・セブ(アスワド)のミックス6曲を含む あっという間の66分。

 これジャンル分けは「J-Pop」かなって思ったけど、こんだけ出来のいいレゲエアルバムもないし、僕の中では1、日本語レゲエアルバムだと思っているので、やっぱり「J-Pop」は、あかんやろってぴかぴか(新しい)
日本人レゲエアーチストっていっぱい居るけど、僕にとってはP.J.は別格です。

 P.J.
今は”JAH K.S.K & JOMORE STARS”ってグループでドラムとコーラスを担当しているようです。
1969年3月19日東京生まれ。本名はDONALD PRICE Jr.。
お父さんはN.Y出身の黒人、お母さんは吉祥寺出身の日本人。
アメリカンスクールに通っていた頃に、初めてレゲエに出逢い、'84年にCBSソニーよりP.J&Cool Runnings、アルバム「RISING UP」でデビュー(当時14歳exclamation&question
翌年ジャパスプ出演、その後P.J BAND結成。
レコーディングやライブではスライ&ロビーをはじめ、ジミークリフ、シャバ・ランクス、クリーヴィー・ブラウン、ダニー・ブラウニー、ASWADなどと共演。
91年にはジャマイカにて初のシングル「LOVE ALL THE HURT AWAY」を リリース、レゲエ最大のイベントであるジャマイカのレゲエサンスプラッシュに日本代表として初出演を果たしています。

 このアルバムでは、僕はCアクションはもちろん、アップテンポでテンションが気持ちよくあがるFニュー・フリーダムと、メロディアスで非常に癒されるGKIMOCHI EASYリゾートがお薦めひらめき

中古ならなんとかまだ出回ってはいるようです。バッド(下向き矢印)
     
アクション
P.J
KRE

このアイテムの詳細を見る


posted by ひさぴ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。