2007年05月13日

「バベル」 びっくり!でもよかった!


で、「バベル」→公式サイト http://babel.gyao.jp/

 菊地凛子のアカデミー助演女優賞ノミネートとか、映画を見た人が体調不良起こしたとか、けっこういろんな話題があった作品。
試写会行った友人たちはみんな「良かったよ手(チョキ)」って言ってた。
同時に、「ちょっとエッチだったハートたち(複数ハート)」って。

 ?

 なんでエッチなん?
ストーリーとか考えてみても、「エッチ」ってのがどうしても意味がわからん・・・


 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、対応が遅いアメリカ政府に苛立ちを露わにするが…。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを感じていた…。
 メキシコの名匠、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が放つ衝撃のヒューマンドラマ。モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、異なる事件から一つの真実が導かれていく。複数のストーリーがひとつに収束していく展開は、『アモーレス・ペロス』〜『21g』をより発展させたものといえ、監督三作目にして、“イニャリトゥ流”の確立がなされたともいえよう。第79回アカデミー賞において助演女優賞にノミネートされた菊地凛子の存在感のある演技は評価するに値する。最優秀作曲賞を受賞したグスタボ・サンタオラヤのスコアも素晴らしい。


 ネタバレしたら駄目だから、詳しくは書かんけど、確かに、「エッチ」だった。
ストーリーには確かに必要なエッチだった。

 モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本のそれぞれのストーリーが、微妙にずれた時間軸の中で、あたかもバラバラなように、それが「いったいどう繋がるんだ?」と頭の中が「?????」ってなりながらの、あっという間の2時間20分。

 要所どころの名の通った俳優の演技よりも、そのほかの役者(役者とは呼べないような人もたくさん)の演技(いや、演技じゃない部分)が印象的。
演技している役者さんのフィクションである画面の周囲を、ノン・フィクションな空気がまとわりついて、不思議な雰囲気が漂いながら、リアルな画面に見せてしまう。

言葉が通じない。心も通じない。想いはどこにも届かない。
私たちは争いが絶えない世界の住人である前に、
同じ星に生きる命のひとつではなかったか?────


 「言葉」ってなんなんだろう・・・
タイトルの「バベル」の意味が、ほんとに重要なんだねぴかぴか(新しい)

海でのはなし。  笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション  誰がために



posted by ひさぴ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Original Sound Track & 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58393832

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。