2007年06月15日

300(スリーハンドレッド)

 ここんとこ俺にしたら映画をよく見てるかな?
でも、今のところ見たい映画がないのでこれでしばらく打ち止めかも。

昨日見たのは「300(スリーハンドレッド)」。

紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。その数はたった300人。対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。

ヘロドトスの「歴史」にも記されている伝説の戦いを描いたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを映画化。圧倒的不利な状況にも全くひるまず、むしろ楽しむかのように戦いに挑んでいくスパルタ戦士たちの姿を、壮大なスケールで描いていく。全ての映像は“クラッシュ”と名づけられた画像処理が施され、まるで小説の挿絵のような斬新な風合いになっている。その中でジェラルド・バトラー、デイビッド・ウェナムらが演じるスパルタ戦士たちが、雄々しく猛る。監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』でジョージ・A・ロメロの名作を見事にリメイクしたザック・スナイダーが務めた。また原作のフランク・ミラーは製作総指揮も担当している。


 この「クラッシュ」という画像処理がなんだかよくわからないけど、本当に素敵で斬新な映像でした。
スピードの変化とか、色彩の奥深さとか、距離感の微妙な表現とか、なんだかフレスコ画を見ているような、綺麗な映像に、感動しまくったもうやだ〜(悲しい顔)

 そしてスパルタ戦士の身体の仕上がりの凄さexclamation×2
俺もあの腹筋と背筋を目指すぞ!手(グー)
男は身体や!パンチ
俺みたいな小心者は、スパルタ戦士のような本物の戦士には成れないから、せめて身体だけでも「スパルタ戦士」になってやる!

This is Sparta!!!

 レオニダス王は、映画のなかの設定では「40歳」。
俺と変わらないやんけexclamation×2
あの身体になってやるむかっ(怒り)

 しかし、「血と死体」。
凄いよ・・・半端や無いよ・・・R15指定ですからがく〜(落胆した顔)
それでも、ぐろいだけの映画ではけっして無いので、是非、映画館の大スクリーンで見て欲しい。

 ストーリー、納得出来ないところもあるよふらふら
スパルタの掟では、「戦えない子供は谷底に捨てろ」「7歳で母親と決別せよ」「空腹なら盗んで生き延びろ」「情けを捨てろ、痛みを隠せ、恐怖を受け入れろ」「生き残った者だけが一人前の男になれる」。
そやのに、なんで、あんなヤツがのさばっているねんちっ(怒った顔) ← ちょいネタバレか・・・

でもトロイと比較されているけど、それは愚です・・・スケール、「300」の方が凄いもんぴかぴか(新しい)

公式サイト→http://wwws.warnerbros.co.jp/300/

 さーまずはビリーズブートキャンプで鍛えるかexclamation×2(笑)

  300 [Original Motion Picture Soundtrack] [Deluxe Edition] [Special Edition] [Soundtrack] [from US] [Import]  300アートブック

posted by ひさぴ at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Original Sound Track & 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。