2007年01月17日

ブライアン・フェリー タクシー

- Bryan Ferry  TAXI -    1993/4/13



 ブライアン・フェリーと言えば、85年のやねんけど、でもこのアルバムが僕は一番好きですひらめき

 と言っても、素直には評価できないアルバムやねんけど・・・ふらふら

 非常に難解な解釈で作られた、ブライアン・フェリーが当時、ちょっと気になった楽曲のカヴァー・アルバムです。
「好きな曲なら、もっと素直に唄えよパンチ」って言いたくなるようなexclamation&question

 聴けば聴くほど、困惑させる、いや、ラビリンスに追い込むような・・・
しかし深いぴかぴか(新しい)

 例えばGアメイジング・グレースるんるん
白血病でお亡くなりになった本田美奈子さんのアカペラとか、中島美嘉のとかは最近のバージョンやけど。
でも、このブライアン・フェリーの唄い方を聴いてみてよ!

 90年代前半は、こんなアルバムがまだ受け入れられたんやね。
俺のイメージ的には、80年代で終わったと思っていたんやけど、今、このブログに書くために改めて、発売年と音をチェックしてみて、しみじみ感じた・・・。

 耳障りが悪くても、でも、音をちゃんと聴くっていうのが無くなったのは、バブルがはじけて、小室が日本ではびこってからだと思っていたけど、ちょっと時期が違ったのかな?

 でも、このアルバムはそれほど売れなかったから、実は俺は勘違いはしていないのかな?

 不明だわ・・・たらーっ(汗)

 でも、ホントにいい”音”のアルバムですからexclamation×2
絶対に僕は一生、飽きることは無いと思うっすグッド(上向き矢印)

 このアルバムは、実は、当時行きつけの美容室のオーナー(でも同い年)のお気に入りで、カットに行ったある日、プレゼントして貰ったもの揺れるハート
未だに彼女は俺のこと、好きだったから、プレゼントしてくれたのかなって勘違いしたまま、想い出として封印してあるっす手(チョキ)





posted by ひさぴ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock -Male- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31585814

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。