2006年09月24日

アスワド アスワド

 今朝、サーフィンに行くはずだったのに、車が故障していて断念・・・がく〜(落胆した顔)
今年はほんとに台風に縁のない年です・・・超かなすい・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 そんなんで、急に一日が暇になっちゃったので、ひさしぶりのブログ更新となります手(パー)

- ASWAD  ASWAD -    1976

Aswad
Aswad
Mango

このアイテムの詳細を見る


 ブリティッシュ・レゲエの始祖、アスワドのレビューアルバムです。
アスワドとは、アラビア語で「黒」のこと。
アスワドは、ロンドン中から集まった数千人の暴徒により5人の黒人が殺害されたたいへんな規模の人種暴動の歴史を持つ街「ノッティングヒル」で育った移民二世のバンドです。
後々、ヒップ・ホップ色の濃いサウンドと変わっていくのですが、デビュー当時のアルバムを聴いていると、ジャマイカ本国よりハード・コアで、非常に人種間の緊張感の高くルーツ色の強い彼らの音楽の背景はそこにあるのかなって思います。
音だけ聴いていたら、とても20歳そこそこの若者が創ったサウンドだとはとうてい思えません。

 結成当時のオリジナルメンバーは、ブリンズレー・フォード(Vo,Gu)、ジョージ・オバーン(Ba)、ドラミー(アンガス)・ゼブ(Vo,Dr)、ドナルド・グリフィス(Gu)、コートニー・ヘミングス(Key)。
このメンバーで、アイランド・レコードと契約、バーニング・スピアーのライブをサポートしたのもこの面子です。
しかし次のアルバムを制作する頃には、コートニー・ヘミングスは脱退します。

 ブリティッシュ・レゲエを代表するアスワドのルーツに是非、触れてみてくださいひらめき
人気ブログランキング参加してます。
クリックで励ましてください!
ふらふら






posted by ひさぴ at 18:34| Comment(1) | TrackBack(0) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。「裸のヤコブ」のIyahkieです。
トラックバックありがとうございました。

これからじっくりブログなど、拝見させていただきます。また遊びにきてくださいね。

では。

ONE LOVE/Iyahkie
Posted by Iyahkie at 2006年09月25日 14:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24355205

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。