2006年07月04日

UB40 レイバー・オブ・ラブU

 イギリスの失業手当の申請用紙が、UB40 = Unemployment Benefits, Form 40で、サッチャー首相の時代には失業者のことを俗にUB40'sと呼ばれていました。
 イギリスを代表する工業都市で、様々な人種が暮らしていることでも知られるバーミンガムの労働者階級の出身の彼らの最初のアルバムでは、この失業手当申請用紙をジャケットに採用し、バンド名をUB40としました。
イギリスの若者にとって、この申請用紙を提出すること、すなわち人生を自分で切り開くことを諦め、政府の世話になることを意味するこの申請用紙。
その効果もあってか、UB40の音楽はあてのない未来に不満を抱えた若者や、2トーン・スカのフォロワーたちの注目を一気に集めることとなり、雇用問題を扱ったプロテスト・ソングなどをリリースしたりしていました。

 彼らの初のチャートNo.1をゲットは83年に発表した「Red Red Wine」
その曲の収められていた「Labour of Love」。
そのアルバムから6年後にリリースされたカヴァー・アルバム第二弾が、このアルバムです。

- UB40  Labour of Love U -    1989/12/12

Labour of Love II
UB40
Virgin

このアイテムの詳細を見る


 このアルバムも、オールディーズ・バット・グッティーズな選曲で、ラブ&ユニティに仕上がっています黒ハート
 このアルバムからはチャート・ベスト10には、C“The Way You Do Things You Do”と@“Here I Am(Come And Take Me)”が出ています。

 このアルバム自体、イギリスで3位、アメリカでは30位と、レゲエ・アルバムとしては世界的な大ヒットアルバムです。
(ちなみにUB40として一番成功したアルバムは1993年に発売されたPromises and Liesで、全英1位、全米6位でした。)




 
posted by ひさぴ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(1) | Reggae -Not Jamaican- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

UB40
Excerpt: NO.00472 UB40のベストアルバム『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ〜』 夏だ!海だ!!レゲエだ〜!!! と言う事でUB40です。 レゲエと言ってもUB40には程よくポップスさが加味..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-08-20 23:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。