2006年06月20日

ジャック・ジョンソン  シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ

disp-jack-johnson.jpg
 1975年5月18日、ハワイ・オアフのノースショア生まれ。
パイプラインと庭続きというロケーションの中、幼い頃からサーフィンに慣れ親しみ、高校生になる頃には“パイプライン・マスターズ”にも出場。
ケリー・スレイターやロブ・マチャドらと並ぶ注目サーファーと評価され、Quicksilverともプロ契約も結んだ。
しかし17歳の時、サーフィンしている最中に海底のリーフ(珊瑚礁)に身体を叩きつけられ、頭蓋骨にヒビ、頭部を100針以上縫う大怪我をしてしまう。
数ヶ月間は海に入ることすら許されなかった失意のジャックは、これを機に、以前から趣味としていたギターにのめり込むようになったという。
その後西海岸の大学に進学し映像を学び、音楽活動を本格化していった。

 で、そのジャック・ジョンソンの最新アルバムは、世界中のこどもたちに親しまれ続ける名絵本の初の映画化「ひとまねこざる:おさるのジョージ(Curious George )」のサウンド・トラック・アルバムです。


- Jack Johnson and Friends  Sing-A-Longs & Lullabies for the Film Curious George -    2006/02/20

 新曲を中心にG.ラヴやベン・ハーパーなどとのコラボ曲を収録。
このアルバムでは「ゆるゆる哀愁」のジャック・ジョンソンのイメージとは違って「優しくハッピー」一児の父親ジャック・ジョンソンの雰囲気いっぱいです。
いきなり1曲目の「アップ・サイド・ダウン」で、全身脱力感パンチを☆○(゚ο゚)oドカッ!見舞ってくれますわーい(嬉しい顔)

シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ
ジャック・ジョンソンandフレンズ
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る


 ジャック・ジョンソンのサーフィンDVDといえば
 a BROKE down melody

出演はケリー・スレーター、トム・カレン、ロブ・マチャド、CJホブグッド、ジャック・ジョンソン、ジェリー・ロペス、マロイ兄弟。これらゴージャスな面々が、ジャマイカ、インドネシア、タヒチ、ハワイ、メキシコ、南米と巡っていく。ケリーとカレンの昔話や、ロブがカレンの天才的な部分を語るシーン、ジャックがパイプマスターズの予選でジェリーと対戦した話や、ダン・マロイがジャマイカのサーフTEAMのコーチになって世界戦について行った時の話などは必見。

このアイテムの詳細を見る




posted by ひさぴ at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Original Sound Track & 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしい画像だぁぁぁ・・・
Posted by Go@papa at 2006年06月20日 19:35
え?え?
お猿のジョージ?
ジャックの写真?
Posted by ひさぴ at 2006年06月20日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19559558

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。