2006年05月22日

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ ステイディアム・アーケイディアム

 一昨日〜昨日と豊橋〜伊良湖方面で波乗りリゾート
土曜(詳細はこっちのブログで)は台風1号からのくちゃくちゃうねりで振り回されたけど、日曜(詳細はこっちのブログで)は波も整って充分満喫できるコンディションだったわーい(嬉しい顔)
やっぱ波乗りは楽しいなあ手(チョキ)

車中泊だったので、ビーチサイドでの晩餐のBGMCDはレッチリ。
今回のニューアルバムは、まったりとした浜辺の雰囲気にもピッタリぴかぴか(新しい)
満天の星空☆の下、ビールレストラン、メローな時間が流れて、そしてタチの悪い酔っぱらいを次々に製造していく・・・・

- Red Hot Chili Peppers Stadium Arcadium -    2006/05/10

Stadium ArcadiumStadium Arcadium
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] Stadium Arcadium
[アーティスト] Red Hot Chili Peppers
[レーベル] Warner Bros.

>>Seesaa ショッピングで買う

◆◆リック・ルービンをプロデューサーに迎えた9枚目のオリジナル・ニュー・アルバムは初の2枚組。
レコーディングされた38曲から28曲に厳選した楽曲を2枚組として、リリース。
 1stシングル「ダニー・カリフォルニア」はミディアム・テンポでメロディックな強力なファンク・ナンバー。
その他にもアップ・テンポでポジティブなファンクなナンバーが目立つ。
バンドの状態が非常に良いことがこれらの楽曲を聴くと良く分かる。
ファンク色が強いのがこのアルバムの特色のひとつと言えるだろう。
 その他にも、ジョンのギター・ソロが強力にフィーチャーされていることも、今作のもうひとつの特色である。◆◆

 発売を忘れていてあせあせ(飛び散る汗)、遅れてアマゾンで発注CD
3日後くらいの届いたので、さっそく聴きこみ開始どんっ(衝撃)

「えっexclamation&questionレッチリがこんなに大人でいいのexclamation&questionがく〜(落胆した顔)

 いやいや、ちょっと待てよ手(パー)
耳聴けば聴くほどスゴいぞひらめき
この完成度の高さ、ちょっとスゴいぞ
大人になったレッチリが、ファンク爆弾でメロウムードでポップるんるんなレッチリ・ワールドにさらに磨きを掛けているって思う。

 ただ心配事がムクムクと二つ湧いてきた・・・
一つは、レッチリのこれまでのやんちゃさや攻撃性がどんどん無くなっていく路線変更に懐疑的だったファンが、決定的に離れていくだろうってこと。
まあこっちは俺の心配することでは無いけど。
もう一つは、「いいなあわーい(嬉しい顔)」って聴きながら、心の奥の方でどうしても引っ掛かっていること・・・
これだけの完成度の高いアルバムを仕上げてしまったレッチリは、解散するんじゃ無いだろうかってことがく〜(落胆した顔)
レッチリは、最早、全てやり遂げてしまっているって感じてしまう。
思い過ごしかなあ・・・・

 ところで僕はDisc1のASnow (Hey Oh)が一番好きです揺れるハート
posted by ひさぴ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock -Band- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18203799

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。