2006年04月03日

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ ホワット・ヒッツ

 土曜・日曜は高知に波乗り行ってました。
土曜は波が無くてがっかりだったけど、日曜にはしっかり波上がって楽しみました!
波乗りの詳細報告は労組書記長のブログの2006/4/1 今日の中村は No Surf...(ToT) 2006/4/2 中村しっかり波あがったo(^o^)o に書いてますので、よかったらどうぞ(^○^)

- Red Hot Chili Peppers what hits!? -    1992/09/29

ホワッツ・ヒッツ!?(3ヶ月期間限定)ホワッツ・ヒッツ!?(3ヶ月期間限定)
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] ホワッツ・ヒッツ!?(3ヶ月期間限定)
[アーティスト] レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
[レーベル] 東芝EMI
[種類] C..
>>Seesaa ショッピングで買う

◆◆1992年リリースのベスト・アルバム。
 キャピトル音源に「アンダー・ザ・ブリッジ」を加えた全18曲収録。
 音楽の本質ではない部分のみを好む日本人の間で当然のようにヒーローに祭り上げられたRHCPのベスト。
 ほとんどのファンク・ナンバーに軽薄さが漂うが,S.ワンダーの@ハイヤー・グラウンドや美しい「フュージョン」のBビハインド・ザ・サン Hノック・ミー・ダウン等に末恐ろしい秘められた力を感じる。
 寄せ集めだが最高作。◆◆ 
 「CDジャーナル」データベースでは、なんとまあワケ解らないレビューを書いてくれていますが、確かにベストアルバムだけに曲の並びに全くつながりが無くグチャグチャですが、それもまたレッチリっぽくて(^_^)b

【帯】L.A.が生んだ元祖ハード・コア・ヘヴィ・スラッシュ・ファンク・ラップ・パンク・ロックンロール・バンド、RHCPの大ヒット・シングル「アンダー・ザ・ブリッジ」を含む、スーパー・グレイテスト・ベスト・ヒット・コレクション遂にリリース!!

 レッチリとの出会いは、「スラッシン」ってスケボーを題材にしたアメリカの超B級映画での1シーン。
クラブで主人公が、好きになった子が敵対する不良スケボーチームのボスの妹ってことでスケボーでケンカするシーンがあって、その後ろでハチャメチャなバンドが演奏していた。
それが今考えたらデビュー間もないレッチリだったわ。
ほんとにムチャクチャな音やし、ムチャクチャな演奏やった

 波乗りを始めた直後に、行きつけの喫茶店で知り合って、それ以来、13年間、俺の親友の一人だった恭平。
波乗りはムチャクチャにライバルで、お互い闘争心を燃やしていて、奴に負けたくないだけで上達したと思う。

 音楽に関してすごくセンスが良くて、いつも良い曲を見つけてきては、教えてくれた。
音楽ではすごく影響を受けた奴。
奴は30歳で死んじゃったんだけど、彼が最後に俺に教えてくれた「良い曲」が、このアルバムに収められているIアンダー・ザ・ブリッジ 。
英語が読めない奴なんで、耳で歌詞を覚えて歌っていた。
耳が良いから、発音はほぼ完璧、ちゃんと歌詞と合っているからスゴいわ。

 彼の死後、親子三人で住んでいた部屋を引き上げて、奥さんと生まれて間もないおチビちゃんが実家に帰る日、手伝いに行っていた俺は、奥さんに頼んで、このアルバムを恭平の形見に頂いた。

俺にとってはいろんな意味で大切なアルバム。

posted by ひさぴ at 11:32| Comment(3) | TrackBack(0) | Rock -Band- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オイラは、海入る前にレッチリ「by the way」でテンション上げて入水!
Posted by gaki at 2006年04月03日 22:45
がきちゃんと一緒で「by the way」はテンション上がるんでよく聞いてます。
Posted by あこ at 2006年04月04日 01:50
 gaki君・あこさん
  俺も大好き!
  今日は「by the way」を書こうっと(¢_・) 
Posted by  ひさぴ at 2006年04月04日 09:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16072819

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。