2006年03月24日

イーグルス ホテル・カリフォルニア

-The Eagles  Hotel California-    1976

 言わずとしれた70年代アメリカ西海岸サウンドの名盤中の名盤exclamation名曲中の名曲exclamation×2

ホテル・カリフォルニア(紙ジャケット仕様)ホテル・カリフォルニア(紙ジャケット仕様)
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] ホテル・カリフォルニア(紙ジャケット仕様)
[アーティスト] イーグルス
[レーベル] ワーナーミュージック・ジャパン
..
>>Seesaa ショッピングで買う

 ◆◆ ジョー・ウォルシュ加入後,初のアルバム。グループとしては5枚目にあたる。
シングル・カットされた「@ホテル・カリフォルニア」ともども大ヒットし,このアルバムは世界中で1200万枚の売り上げ。
 アメリカという国の、あるいは人間の、夢の終焉と退廃をテーマにした官能と成熟の大傑作。
アルバム全体を象徴するような完璧な名曲「@ホテル・カリフォルニア-Hotel California-」に始まり、「Aニュー・キッド・イン・タウン-New Kid In Town-」ではグレン・フライがホール&オーツのことを歌う。
 暗さの漂うファンキーな「B駆け足の人生-Life In The Fast Lane-」、名スローバラード「C時は流れて-Wasted Time-」、ハードでダイナミズムあふれる「E暗黙の日々-Victim Of Love-」、ジョー・ウォルシュによる美しい小品「Fお前を夢みて-Pretty Maids All In A Row-」、そして「G素晴らしい愛をもう一度-Try And Love Again」はこのアルバムを最後にグループを去るランディ・マイズナーによる渾身の名曲だ。
 癒し許されるような終曲「Hラスト・リゾート-The Last Resort-」まで、完璧を絵に描いたような名曲が並ぶ。 ◆◆ 

 中学2年の時に出会って衝撃を受けた!
音楽を聴いて衝撃を受けたのがたぶんこれが初体験ひらめき

 ちょうど、解散する最後のアルバム「Long Run」の発売でThe Eaglesを知って、そこから遡る形で、ホテル・カリフォルニアに出会った。
ホテルカリフォルニアだけでなく、最後まで一貫したアルバム全体の完成度の凄さにも感動で震えましたもうやだ〜(悲しい顔)

 今でも下手なアコギで、インストメンタルで弾いたり、カラオケボックスでは半音♭下げてマイク無しで雄叫びをあげつつみんなに嫌われつつ唄っていますカラオケ

 ホテルカリフォルニアの歌詞の和訳、是非、読んでみてください。
楽曲の出来以上に深いのです。
世界的に売れたのは、歌詞の内容を含んでです。
日本では楽曲が受けただけですが・・・

暗く寂しいハイウェイ
涼しげな風に髪が揺れる
コリタス草の甘い香りがほのかに漂い
はるか前方には かすかな灯りが見える
頭は重く 視界かすむ
どうやら今夜は休息が必要だ
礼拝の鐘が鳴り
戸口に女が現れた
僕はひそかに問いかける
ここは天国? それとも地獄?
すると 女はローソクに灯を灯し
僕を部屋へと案内した
廊下の向こうから こう囁く声が聞こえる

ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
ホテル・カリフォルニアは
数多くのお部屋をご用意して
あなたのお越しをいつでもお待ちしています

ティファニーの宝石のように繊細で
高級車のように優雅なその曲線美
美しいボーイたちはみな
彼女たちに心を奪われている
中庭では香しい汗を流して
ダンスを踊っている人々
思い出を心に刻もうとする者
すべてを忘れるために踊る者

そこで僕は支配人に告げた
「ワインを持ってきてくれないか」
すると彼は「そのようなスピリットは1969年以降一切ございません」
それでも人々が深い眠りについた真夜中でさえ
どこからともなく 声が聞こえてくる

ようこそホテル・カリフォルニアへ
ここはステキなところ
お客様もいい人たちばかり
どなたもホテルでの人生を楽しんでいらっしゃいます
口実の許すかぎり せいぜいお楽しみください
鏡を張りめぐらせた天井
グラスにはピンクのシャンペン
誰もが自分の意思で囚われの身となった者ばかり
やがて 大広間では祝宴の準備がととのった
人々は 鋭いナイフを突き立てるが
誰ひとり内なる獣を殺せない

気がつくと僕は出口を求めて走りまわっていた
もとの場所に戻る通路を
なんとかして見つけなければ・・・
すると 夜警がいった
「落ち着いて自分の運命を受け入れるのです
チェック・アウトは自由ですが
ここを立ち去ることは永久にできません」


posted by ひさぴ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(1) | Rock -Band- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15394903

この記事へのトラックバック

ホテル・カリフォルニア
Excerpt: ホテル・カリフォルニアホテル・カリフォルニア (Hotel California) は、1976年に発表されたイーグルスのアルバム。彼らの代表作であり、ウエストコースト・ミュージックだけでなくアメリカ..
Weblog: ホテルマニア
Tracked: 2006-05-20 16:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。