2007年07月31日

Simple Heart Vibration

Simple Heart Vibration

Simple Heart Vibration
バウンディ
数多くのアーティストを生み出す
湘南の波に乗って
心地よいアコースティックバンド登場!

笑い・なみだ・癒し・全てがここに・・・

このアイテムの詳細を見る

 りかさんのブログで知ったアルバム。
オフィシャルなサイト http://www.shv.253music.com/shv/ で視聴してやられた爆弾
すぐにamazonで購入。

@ MORNING
 早朝、目が覚めて車から起き出して、寝ぼけながら浜まで歩く感じ
目が覚めるのか?それとも二度寝を決意するのか?

A Surfer's town
 ほら、早起きして良かったでしょ?
二日酔い?寝不足?それとも仕事を引きずってるのか?
どうでもいいやんか!そんなこと!
早く海入ろっexclamation×2 

B natulal feat 亜沙美 

 少しうざいコメントになるかも。
じゃまくさかったらとばしてください。

 俺、16歳からサーフィンはじめて、いま42歳です。
良い波に乗れて、海から上がって、車の中でビールを飲みながら思う。

仕事、家族、お金、体力、怠惰、死、みんな海から離れていきました。

でも、俺は今でも、波乗りできている幸運。

噛みしめてます、いつも。

ぜんぜんそんな想いとは違う唄なのに、そんなことを思った曲です。

C Dear my lover
 サーファーって季節を思い知らされる。
セミドライ・ジャーフル・シーガル・ハーフ・タッパ・裸・ロンスリ・ジャーフル・・・
それだけじゃないよなあ。
空。
アウトからふと岸を見たときの山の木の色。
浜を歩く人。
リーシュコードをはずすときに、ふと見た、砂浜に打ち上げられたいろんなもの。

D 名も無き花
 この曲は、俺の世代にだけわかる曲。歌詞じゃないよ。想いだよ。曲に隠されているよ。解っててこの曲になったのかな?知らぬままにこの曲になったのかな?

E やぐるま草 with The Line Stone Community
 やられた。言葉は、追いつかないっす。すばらしいんっすよ。

F あの夏の花火
 裸で波乗りできるときって、すごく気持ちいいんだけど、すごく焦る気持ちってあるやん。痛い夏を何回かやっちゃって、今年こそ!って気合い入ってるんやろ。
今年はがんばれよ!
友達のLOVEばっか応援してたらあかんで!

G NO WAR feat.Ryo-ta

 No War!
 No Nukes!
 No Weapon!
 Love Peace!

H Cherry blossom
 Peace Live True One World One Love

I natural with MaryAnn feat.Ryo-ta,INTIMATE & J やぐるま草 for baby

 ジャック・ジョンソンを初めて聴いたときと、同じような感じになったよ。
少し褒め過ぎか?

 いや、大丈夫だ。
聴いてみて。
posted by ひさぴ at 00:32| Comment(1) | TrackBack(1) | J-Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

中島美嘉 YES MY JOY

YES
中島美嘉
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

 昨日は、なんとまたまた友人にチケットをいただいてのコンサートですexclamation×2
って、最近の俺ってそんなにライブ行く方では無いのに、二日続けて、しかも無料でってのは奇跡のようですわーい(嬉しい顔)

 中島美嘉黒ハート
ちっちゃいね!細いね!かわいいね!
しかしあの身体のどこからあの歌声が出てくるんか信じられないくらいのパワー爆弾
とんでも無いくらい歌上手いぴかぴか(新しい)
前に行った伊藤由奈と比べるのも変かも知れないけど、伊藤由奈と同じくらいの巧さやけど、艶って点では中島美嘉の方が数段上グッド(上向き矢印)
(ユーミンとは比較しませんので悪しからず)
おもわず暫く誰ともカラオケカラオケに行かない!人の下手な歌を聴いて、この余韻を汚したくないって思ってしまったっすたらーっ(汗)

 新曲以外、ほとんどの曲、知っていたので、2時間半があっという間exclamation×2
大阪のファンが仕組んで、一階席みんなで協力したサプライズで、美嘉ちゃんビックリして感動して泣き出してしまって歌が唄えなかった場面があったり、アンコールが終わった後、会場と記念撮影したり(このシーンはメーキングDVDで使われるかも知れないそうです)と、なかなか微笑ましかったり。
ものすごく性格の良い女の子だという雰囲気をものすごく感じてしまったが、気のせいかexclamation&question

 会場はフェスティバルホール。
やっぱ大阪城ホールとか、大阪ドームとか、甲子園とかと違って、音が良いでするんるん
N列(14列目)だったけど、舞台と客席がほんとに近いってのもいいです。

 中島美嘉ちゃんが、MCで「最近、ECOにハマってます」って。
Myお箸、Myタンブラー、Myエコバッグ。
「難しいことはわからないけど、可愛い子ども達に、将来美しい風景が残せなかったらイヤだなあ」って。

 さらにさらに好感度アップです!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

MIKA NAKASHIMA LET’S MUSIC TOUR 2005  BEST

LIFE BEST MUSIC
posted by ひさぴ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | J-Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

松任谷由実 シャングリラV

 昨日、友人から TOTO 90th annversary ユーミンスペクタル「シャングリラV」のチケットを貰ったので、見に行ってきました。
 大阪城ホールでの公演二日目、スゴいとんでもないショーですひらめき
サーカスはやばいあせあせ(飛び散る汗) 人間業とは思えねーっexclamation×2
演出もスゴいエンターテイメントで、楽しくてるんるん
で、やっぱ最高にスゴかったのは、シンクロナイズド・スウィミング魚座
競技をテレビで観たことしかなかったけど、生で見て、ライティング・ワークと組み合わせたら、なんて幻想的で、より美しいものになるのかexclamation×2 ほんとに芸術ですexclamation×2
もしかしてウォーター・ボーイズも、綺麗な照明の下で演技させたら、芸術になるのかしらexclamation&question

 残念だったのは、ユーミン。
53歳とは思えない(失礼)元気さで走り回って、踊りまくって、螺旋階段を上がったり降りたりがく〜(落胆した顔)
でも、唄は声が出てなくって、音もハズしまくりで、「あれ?こんなんやったん?」

 それともう一つ残念だったこと。
これは俺自身の問題なんですが、92年の「DAWN PERPLE」より後のユーミンの曲をほとんど知らないので、実は演奏された曲(新曲「人魚姫の夢」など18曲)のうち、ちゃんと知っている曲は、1曲だけでした。

そのせいか、メローなまったりした時間帯に、1分くらい夢の世界に導かれました・・・眠い(睡眠)
もうちょっと昔の、できれば荒井由美の時代の曲、ちょっと聴きたかったなあ・・・。
やっぱ、ショーの趣旨と合わないのかなあ・・・

 それでも2時間ちょっとのステージは、あっという間ダッシュ(走り出すさま)
いや〜いい経験をさせて貰いました手(チョキ)

 オマケでもう一つ、驚いたこと・・・
それは・・・「観客の平均年齢 たけーっ!!」ふらふら

YUMING SPECTACLE SHANGRILA 1999 (リニューアル盤)  YUMING SPECTACLE SHANGRILA II  SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-「永続封入特典」
posted by ひさぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | J-Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

SAKURA Your Favorite SAKURA

Your Favorite SAKURA
SAKURA

深みと輝きを増してきたヴォーカリスト、
SAKURA初のべスト・アルバム。
シングル曲を中心に、CD初収録となる日立
洗濯機CF曲「Mama’s#Love」や未発表曲、
リミックスなども。

このアイテムの詳細を見る

 前に友人から「いいから聴きなさいるんるん」って薦められていて、「はーいっすぐに買います手(パー)」って良い子な返事をしていたのに、すっかり放ったらかしだった俺あせあせ(飛び散る汗)

 こないだ飲みに行ったときに、「まだ買ってないやろちっ(怒った顔)」って怒られて、そしてコピーでなくて、本物(って言い方も変?)をプレゼントプレゼントされたふらふら

 で、昨日聴き込んだ音楽

 「あれ?これ聴いたことあるexclamation×2
「あれこの曲、ラジオで聴いて好きだった曲だひらめき
「あーこの曲も大好きだったやつだ{/3hearts/}」
と、聴いたことのあるの多数、その上、初めて聴いた曲もかなり「癒し系のまったりサーファー好み揺れるハート

 実はSAKURAさん、昨年、高知県東洋町生見で、ライブを見たことがある。
例の核廃棄物処理場を誘致するかどうかで大騒ぎになったあの生見。

 VOLCOMのイベントで、永原レキ君達生見ローカルのバンド「55south」や、全国のサーファー系(?)アーティスト達のライブ。
ビーチに作られたステージ、トップで、SAKURAさん、ウクレレ一本でのパフォーマンスを聴いた。


 実は、あの時はPAのせいか音が悪く、ちょっとトラブルも多かったので、あまりちゃんと聴いてなかった。
たまたまトップだったせいで、「前座?」って感じで気持ちも入れてなかった。
でも、ライブ全部、終わってからよく考えたら一番「プロ」のパフォーマンスだった。
甘〜いSAKURAさん自身のウクレレのみで、男性1人・女性3人のコーラス、そしてSAKURAさんの歌声。
レゲエやハワイアンの曲のカヴァーが中心だったと思う。

 さらにその夜、僕ら一行が晩ご飯レストラン食べに行った店で、たまたま隣の席にSAKURAさんご一行がひらめき
もちろんSAKURAさんの息子くんも一緒、なかなか頼もしいヤンチャくれ、テーブルの下に潜り込んだりして元気いっぱい坊主っ。
 そのときの記事はこれ→2007/7/15

 SAKURAさん、調べてみたら、1971年11月23日スイスで生まれて、主に関西を拠点に活躍する女性歌手。
メジャーデビューは1997年に東芝EMIより→2006年メジャーより独立し自主活動→Def Techのツアーに参加→2007年にユニバーサルレコードでDef Techのmicroが設立した新レーベルPRIMARY COLOR RECORDZに参加したそうです。

 このベスト・アルバムの14曲目に収録されている「LOVE 4 REAL」は2003年に大阪の1ラジオ局「FM802」のOSAKAN HOT 100の1位に輝いてますグッド(上向き矢印)(そら知ってるはずやわ)

 もう昨日からずっとこのアルバムばっか聴いてます手(チョキ)

Lover Light LOVE ON WINGS daylight ROOM 508 涼季(シシラ) the star XVII

pua nani Lana Soul Collection SAKURA SINGS BALLADS SOUL ESSENCE

posted by ひさぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | J-Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

ケアリイ・レイシェル  カマヒヴァ~ベスト・コレクション・ワン

カマヒヴァ~ベスト・コレクション・ワン
ケアリイ・レイシェル
ビクターエンタテインメント


このアイテムの詳細を見る

 この夏に聴く、なんとなく癒し系のアルバム買いたいなって思って、アマゾンをちらちら目

 あれ?ケアリイ・レイシェルって、よくハワイアンのオムニバス・アルバムに入っている人だ。
友達が編集してくれたCDにも、たしか入っていたぞ。
昨年リリースされたベスト・アルバムなんだ、お得そうだ、買ってみよう。

 てな具合で注文、届いたプレゼント

 2枚組で、ディスク1にはMele(歌)、ディスク2にはChant(チャント)が収録されている。
チャントってのはお経みたいな(?)詩吟みたいな(?)浪曲みたいな(?)、ハワイに旅行したときなんかたまーに耳にするやつやね。
これは家でリラックスしているときに、BGMで聴こうっと。

 車の中や、通勤中に聴くのは、歌(メレ)のほうにしよう。

 ケースの装丁がスゴく良いぴかぴか(新しい)
これを眺めているだけで、いつの間にか、すごく時間が経っていたふらふら

 オリジナルの歌詞カードには、全ての曲、左側にハワイ後の歌詞、右側に英語の対訳が。
ハワイ語の勉強に良いかもひらめき

 それに別添の日本語解説には、日本語の対訳だけでなく、オリジナル解説の対訳まであって、超親切揺れるハート

 ベスト盤だけあって、ハワイアン初心者の僕でも聴いたことある曲や、1回聴いただけで「お気にぴかぴか(新しい)」になる曲ばっかですわーい(嬉しい顔)るんるん
auのコマーシャルで使われていた、「涙そうそう」の曲をカバーして、オリジナルのハワイ語の歌詞をつけた「Ka Nohona Pili Kai」も入っていました。

 日本語解説に書いてあったケアリイ・レイシェルのデビューまでのいきさつが、むちゃくちゃ面白いっすexclamation&question

 フラの先生だけど超恥ずかしがり屋のケアリイ・レイシェルは、人前で歌を唄うなんてとんでも無い人だったのに、自分ちでシャワー浴びながら「気持ちよか〜ルンルンるんるん」って感じでついつい歌っていたら、たまたま家に来ていた友人にその唄を聴かれてしまった。
その友人が、嫌がるケアリイ・レイシェルを放っといて、レコーディングに必要な3万ドルを集めてしまって、嫌々ながらもうやだ〜(悲しい顔)レコーディングカラオケ
この3万ドルを回収するためには、CD2000枚・カセット2000本を売る必要があったそうですが、そのアルバムは50万枚売れたそうですexclamation×2
ハワイアンのアルバムって1万枚売れたらBig Hit爆弾といわれているのにexclamation×2
そんなケアリイ・レイシェルを、今さらフラの先生に戻るなんてことは、周囲が許さず今に至っているそうです(笑)
 このアルバム、しばらくハマりそうです手(チョキ)

カワイプナヘレ レイ・ハリア エオ・マイ

メレラナ ケアラオカマイレ
posted by ひさぴ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | World Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。